立ち回り術

悲報、期待値の落とし穴

はい、どうも脱パチ店長です。

今日はですね、悲報、期待値の落とし穴、ということでお話していこうと思います。

 

早速質問ですが、あなたは期待値ってご存じですか?

そんなの知らねーよ。とか、知ってるに決まってる。そんな人もいるでしょうし、それを知らずにパチンコ打ってたらヤバい、などなどですね、いろんな声が聞こえてきそうですが、そんな期待値にですね、実は落とし穴があったら、ヤバいですよね。

画像1

ということで今回は、期待値を知っている人、知らない人も参考にしてほしい内容になっております。

そもそも期待値とはなんなのか?

この辺りをお話ししつつ、実は期待値には落とし穴があるんだよと、いうところを解説していきたいと思います。

正しい期待値の使い方、この辺りもご説明していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

誰も教えてくれない唯一正しいパチンコの勝ち方 こんにちは。 パチンコをしないパチンコ店店長こと脱パチ店長です。 パチンコやスロットを打たれる方は様...

期待値ってなに?

ということで、そもそも期待値ってなに?って話からしていきたいと思います。

 

期待値というのは、回収額-投資額で表される値で、回収額というのは、出玉から換金した金額を表しており、投資額というのはもうそのままで、お金をいくら使う必要があるのか、を表した金額です。

回収額よりも投資額が多くなれば、顧客側は赤字になります。

得られた金額より、使った金額の方が多いので当然ですよね。

逆に、回収額より投資額が小さくなれば、顧客は黒字になりますよね。

ざっくりこんな感じです。

 

この期待値というのを、ネットの情報を参考にして、今この台を打つべきかどうか、これを判断するのが一般的です。

期待値がプラスだから打つ、逆に期待値がマイナスだから打たない、こんな感じですね。

期待値を導き出す要素

ではそんな期待値ですが、それを導き出すには、欠かせない要素があります。それを解説していきます。

❶大当たり確率

1点目は、その機種の大当たり確率です。業界ではTSって言ったりします。例えば319分の1のTSであれば、基本的に319回まわせば大当たりするって理論になりますよね。あくまで理論値なので、必ずそうなるわけではありませんので、誤解は禁物です。

❷千円スタート

次に千円当たりのスタート回転数です、業界では千円スタートって言います。これが分かると、大当たりまでの投資金額が導き出せますよね。公式はTS÷千円S×1000円です。

❸交換率

次に、交換率も必要です。出玉2000玉も、交換率の違いによって、得られる金額が違ってきます。等価交換であれば、換金ギャップがないので、損をすることはありません。

❹出玉数

4点目は出玉数です。業界ではT1Yって呼びます。大当たり1回あたりの獲得数のことです。機種によってラウンド数が全然違うので、いろいろ調べることが多くなりますね。

❺確変中の出玉率

次に確変中の出玉率が必要です。業界ではBAと呼びます。確変中に100玉打ち込んだ時に、何玉戻ってくるのかを表した数値です。先ほど紹介したT1Yも、今紹介したBAも、どちらも獲得する玉数に影響するので重要な要素です。

❻持ち玉比率

最後に持ち玉比率です。持ち玉で遊技した割合によって、投資金額の割合も変動します。最初に紹介した、回収額-投資額=期待値という数式の通り、当然期待値にも影響してきます。これは等価交換であれば、考える必要はありませんが、非等価交換の場合は、換金ギャップがあるので重要な要素と言えます。

期待値を考える2つのパターン

ちなみに、この期待値を考えるに当たって、インターネット情報には、大きく分けて2つのパターンがあるのでご紹介します。

 

1つ目のパターンですが、TSと千円S、交換率、この3点のみで簡易的に判断するサイトです。

これはあくまで簡易的なので、さくっと参考にできるメリットに対して、正確性には欠けるのでデメリットと言えます。

 

次に2つ目のパターンとして、先ほど紹介した6点の要素すべてを計算して、より正確に期待値を導き出すサイトです。

パターン1よりも、当然正確に期待値が算出できますが、問題は各要素を自分で調べないといけないというわずらわしい点は、時間のない人にとっては大きなデメリットです。

期待値の落とし穴

ということで2パターン紹介しましたが、あなたはこれだけで判断していませんか?

はい、ここに落とし穴があります。

期待値の落とし穴、2つをご紹介いたします。

 

一つ目の落とし穴として、まず先ほどご説明した、千円SとT1Y、BAですが、基本的に一定の数値ではないんですよね。どういうことかというと、毎回同じではなく、基本的に数値が変動するということです。

つまり、ばらつきがあるから、参考にできない、ということです。

 

次に2点目の落とし穴です。そもそも遊技時間というスタートの回転数が未知数だ、ということです。

インターネット上の情報に、丁寧に書いてある場合もありますが、例えば2000回転とかです。2000回転って、時間に直すとどれぐらいかわかりますか?ざっくり6時間とかです。

それだけで正確な情報が得られるわけがありません。

ましてや、5000円だけ打って判断するなんてのはもってのほかで、かなりありえません。

打ち始めたら、めちゃくちゃ回るじゃん、って思う人もいるかもしれませんが、それもNGな判断です。

画像2

データ、確率は収束するので、短時間で得られた数字はなんの意味もありません

このことを正しく把握せずに、期待値に振り回されることがかなりヤバいです。

ちなみに例えば、319分の1の機種で正確にデータを取ろうと思ったら、何回転させる必要があるかわかりますか?少し考えてみて下さい。

 

はい、ということで答えはこちらです。

1100万回です、時間に直すと3万3千時間です。

1日14時間営業で、フル稼働したとしても6年超えます。それぐらい、あなたの目の前にある数字というのは、理論値からかけ離れた数字、だということです。

まとめ

ということでまとめておきます。

❶参考にするデータにはそもそもばらつきがある

❷遊技時間(スタート回転数)が少なすぎる

期待値を考えて立ち回るなら、必ずこの2点を前提にしなければいけません。

目先の数字に踊らされていると、大きな落とし穴にはまることになってしまいます。

正しい期待値の使い方

では正しい期待値の使い方とはどういうものでしょうか。

 

まず、中長期的に遊技できる人はそのままでOKだと思います。

さきほど例で挙げた、1日6時間とかしか遊技できない、なんてパターンではなく、半年、1年と、長ければ長いほうがいいですが、それぐらいの期間で期待値を考えている人は正しいと思います。

でも、多くは限られた時間で、パチンコを打つ人がほとんだと思います。

では、そういうできない人は、どうすればいいのかって話ですが、それはこれです。

打たない判断に使う、ってことです。

想定した期待値を上回っているから打とう、ではなく、想定した期待値を下回っているからやめておこう、これが正しい使い方だと思います。

要はリスク回避ツールに使うってことですね。

こうすれば、絶対に落とし穴にはまることはありません。

 

というかですね、そもそも店長の営業戦略を知って、先回りする感じで立ち回る戦略の方が、圧倒的に近道ですし効果的だと思います。

何を言っているか、わからない人もいるかもしれません。

 

ということで、僕のYouTubeチャンネル『脱パチ店長の暴露ちゃんねる』では、この辺りの考え方を中心に動画投稿を行なっております。

1%でも勝率を上げたい方や、パチンコ負け過ぎて辛い方、なんとか今の状況を変えたい方など、少しでもそんな方のお役に立ちたいという思いで動画投稿しておりますので、ぜひこの機会にチャンネル登録をして、よりよい立ち回りにつなげていただけたらと思います。

 

今回の内容も下記リンクから動画でご視聴いただけます。ご不明な点などありましたらあわせてそちらもチェックしてみてください。

【悲報】その判断は危険!パチンコで使われる「期待値」には大きな落とし穴があるので注意しましょう!【2021最新】

 

あと、僕の公式LINEでは、店長の営業マインドがわかる資料を、定期的に無料プレゼントしております。

また、パチンコやめたいけどできないとか、じっくり相談にのってほしい、 そんな方の無料個別相談も随時募集中ですので、ぜひ友達登録して、僕をあなたの味方につけてフル活用してください!

もし、ご不明な点や、お悩み相談などありましたら、お気軽に公式LINEでご連絡ください。

 

ということで今回の内容は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

誰も教えてくれない唯一正しいパチンコの勝ち方 こんにちは。 パチンコをしないパチンコ店店長こと脱パチ店長です。 パチンコやスロットを打たれる方は様...