立ち回り術

○○を見ない間違いだらけの立ち回り

はい、どうも脱パチ店長です。

今日はですね、○○を見ない間違いだらけの立ち回り、ということでお話していこうと思います。

 

パチンコをするあなたは、あの時の勝った喜びが忘れられない、そんな感覚あったりしませんか?

その感覚を胸にパチンコを打ちに行くんですが、実際にはなかなか勝ち続けられない、現実はそんな感じだったりしますし、そんな悩みを抱えたパチンコユーザーも多いのではないでしょうか。

 

パチンコでうまく立ち回るためには、あることに注目する必要があるんですが、これをせずに間違った立ち回りをして、損をしている人も多いと思います。

 

ということで今回は、立ち回る上で重要な〇〇とはなんなのか?ずばりお答えしたいと思います。

どうして〇〇を見ないといけないのか、その理由を具体的に深堀りしつつ、最後には、おすすめの立ち回り術についても具体的にお話ししていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

画像1
誰も教えてくれない唯一正しいパチンコの勝ち方 こんにちは。 パチンコをしないパチンコ店店長こと脱パチ店長です。 パチンコやスロットを打たれる方は様...

立ち回る上で重要な〇〇とは?

まずは結論からお話ししたいと思います。

立ち回る上で重要な〇〇とはなんのか、それはこちらです。

結論:地域制

 

地域制って一言に言っても、なんのことかわからないと思いますので、詳しく解説していきます。これについては4点あります。

❶人口、遊技人口、年代別人口
❷パチンコ店の出店数とその競合性
❸主要遊技時間帯
❹用途地域

この4点で、このあたりをざっくり把握しておく必要があるんですが、これだけでは難しいですよね。こちらも順番に深堀りして解説していきますね。

❶人口、遊技人口、年代別人口

まず1点目の人口、遊技人口、年代別人口についてです。

人口というのは、その地域に居住する総人数を表した数字で、これは説明不要かと思いますが、インターネット検索で簡単に確認することができます。

中でも大事なのは遊技人口なんですが、これに関しては検索はできません。

あくまで人口の規模を前提にした考え方が必要です。

 

注意点としては、人口が多い=遊技人口が多い、ではないということです。

それはある程度年代別人口に比例してきますので、それもネット情報で検索可能です。

ちなみに遊技人口のボリュームゾーンは、30代~40代なので、ここの年齢層が多い地域は、遊技人口が多いという判断になります。

 

なぜ人口が重要なのか?

なぜこの人口が重要なのか、という理由についてですが、それは、人口規模の把握をすることが、正確なお店の評価に繋がるからです。

人口水準が低い地域で稼働率50%はめちゃくちゃすごいですが、人口水準が高い地域での50%は、実はたいしたことがありません。

 

というように、遊技人口の母数を把握することで、お店の正しい評価ができるようになります。

 

❷パチンコ店の出店数とその競合性

次に、パチンコ店の出店数とその競合性についてです。

これは、その地域にパチンコ店が何店舗あるのか、を示すもので、P-WORLDというサイトで、簡単に検索して調べることが可能です。

注意しなければいけないのは、店舗数が多いからといって、競合性が高い、ではないということです。

 

正しく競合性を見るためには、設置台数を見なければいけません。

設置台数と、その稼働率を見ることで、地域内の関係性が見えてきます。

同規模で同程度の稼働率、という、いわゆる立場が同じ店同士がどれぐらいあるのか、これが競合性であり、単純な店比較ではない、ということです。

 

なぜ競合性が重要なのか?

ではなぜこの競合性を見る必要があるのか、というお話ですが、それはお店のパワーバランスを把握するためです。

競合性を見て、地域内のパワーバランスを正しく把握することで、それぞれの店舗が、どの機種で戦っているのかがわかるようになります。

 

戦うということは、当然それを武器として強くしなければいけません
つまり甘い活用になります

 

❸主要遊技時間帯

次に主要遊技時間帯についてです。

これは、単純にどの時間帯の稼働率が高いのか、という視点です。

最初にご紹介した、年代別人口に、ある程度比例してきます。昼間のお店、夜のお店、それぞれの時間帯で、稼働率を確認することが重要です。

 

昼間稼働が高い、昼間に一日のピークを迎える地域というのは、主婦層が多い、という判断になりますし、逆に夜間の稼働が高い、一日のピークが夜に来る、という地域は、サラリーマン層が多い、という判断になります。

実際に、僕が勤める会社のグループ店内でも、ピーク時間は全然違います。それだけ地域制が顕著に表れている、ということです。

画像2

 

なぜ主要遊技時間帯が重要なのか?

ではこの主要遊技時間帯を見ることがどうして重要なのか、というお話ですが、それは店舗重要機種を把握するためです。

顧客母数の多い機種というのは、お店にとっては重要な位置づけになり、決して適当な扱いはしません。

 

利益緩和に踏み切り、稼働を重視した機種運用を行うはずです。

 

❹用途地域

最後に用途地域について解説していきます。

用途地域というのは、用途に応じて分けられたエリアのことで、例えば住居専用地域や、田園住居地域、商業地域や工業地域などがあります。

パチンコ店周辺に、どの用途地域が多いのかを把握しておくことが重要です。

ちなみにパチンコ店というのは、近隣商業地域か商業地域、もしくは準工業地域にのみしか、出店することができません。

 

当然ですが、住居地域には主婦層が多い、という判断ができたり、工業地域にはサラリーマン層が多い、などという考え方ができると思います。

 

なぜ用途地域が重要なのか?

この用途地域を把握することがどうして重要なのか、それは、店舗営業戦略を把握するためです。

どの時間帯の営業を重視するのか、それはつまり機種運用にも影響してきますし、週末の利益率も、他地域よりは、一回り高くするなどの戦略も考えられます。

 

まとめ

少しややこしくなってきたので、ここまでをまとめておきます。

 

人口を見ることで正確なお店の評価を行います。これでそのお店の正しいポテンシャルを見ることが可能です。

 

次に店舗数でパワーバランスを把握し、お店の武器を知ります。

 

遊技時間帯では、重要機種の把握をして、薄利運用機種を確認します。

 

最後に用途地域を把握して、そのお店がどの時間帯を重視するのか、お店の営業戦略を理解します。

 

地域制という中に、これだけの要素が表れており、実はまるわかりになっています。

おすすめの立ち回り術

では実際にどう立ち回ればいいのかって話ですが、おすすめの立ち回り術について、具体的にお話ししていきます。

 

まず、高齢層や昼間人口、住居地域が多い場所というのは、海シリーズ一択で間違いありません。

どのお店も海の設置比率が高くなっているはずで、薄利運用合戦になっていると思うので、素直にここに乗っかることがおすすめです。

 

次に、若年層や夜間人口、商業、工業地域が多い地域というのは、牙狼などのハイミドル系がおすすめです。タイミングもあるので機種はいろいろあります。

短時間で勝負できるという部分に、サラリーマン層の需要は集中するので、こういう機種で稼働重視営業を行って、競合差別化を図ることがセオリーです。

 

以上がざっくりとした立ち回り戦略ですが、中でもエリア2番店を選ぶ、ということを個人的にはおすすめします。

なんとなく地域1番店を選びがちですが、中には殿様営業で利益率が高くなっているお店もあるかもしれないので、それよりは1番店の座を貪欲に狙っている2番店の方が、実は利益率が低い、なんてことはよくある話です。

 

ということで、ここまで地域制を把握することの重要性をお話ししてきましたが、ぜひ参考にしてうまく立ち回ってください。

以上で今回の内容は終わりますが、なかなかそんなめんどくさいことしてられないよ、という方も多いと思います。

 

そんな方は、僕の公式ラインからご連絡いただければ、個別にコンサル対応させいただきます。

めんどくさい店舗攻略を僕が代行させていただくので、あなたの貴重な時間を無駄にはしません。こちらから友だち登録をして、お気軽にご連絡ください。

 

僕のYouTubeチャンネル「脱パチ店長の暴露チャンネル」では、今回の内容を動画で詳しく解説しております。

ご不明な点などありましたらあわせてそちらもチェックしてみてください。ちなみに情報はYouTubeの方が早いので、最速でチェックしたい方はチャンネル登録も忘れすにお願いしますね。

【勝てない理由】パチンコは〇〇を見ないと負けます!あなたのその間違いだらけの立ち回り、もうやめましょう!【徹底解説】

 

もし、ご不明な点や、お悩み相談などありましたら、お気軽に公式LINEでご連絡ください。

 

ということで今回の内容は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

誰も教えてくれない唯一正しいパチンコの勝ち方 こんにちは。 パチンコをしないパチンコ店店長こと脱パチ店長です。 パチンコやスロットを打たれる方は様...