パチンコ

必見!パチンコで遠隔操作を疑う人は勝てない話【現役パチ屋店長が解説】

こんにちは脱パチ店長です。

パチンコを打つ人なら誰しもこんな経験、思いをしたことがあるでしょう。

・自分がやめた後にすぐかかる

・常連ではなく一見客ばっかり当たる

・遠隔操作してない?

当然ですよね。

自分の大事なお金を掛けて挑んだ勝負ですから・・

隣の芝は青い・・なんて気持ちになるのは当然ですし、なんで自分は当たらないんだろうと、周りを疑う気持ちになってしまうものです。まさかお店が悪いことしてる?

 

ただ断言しましょう。

遠隔操作はありません。

それと、遠隔操作を疑っている人は勝つことができません。

 

と、偉そうなことを言っている僕はこういうものです。

パチンコ店に勤めて約20年、約10年ほどホール業務を経験し、その後約10年は店長業務を任されました。

店長時代は月商5億~10億円の店舗を数店舗任され、おかげさまでいろんな経験を積むことができました。

年収は多い時で1000万円ほどでしょうか・・。

そんな僕が、みなさんの疑問にお答えするため、次の内容で解説していきます。

①遠隔操作を理解しよう

②遠隔操作を疑う人が勝てない理由

③勝てる人の立ち回り方

④おまけ)パチンコの正しい遊び方

本文作成それでは一つ一つ掘り下げていきましょう

①遠隔操作を理解しよう

そもそも遠隔操作とは?

遠隔操作というのは、お店側が遊技台に不正部品を取り付け、店側のが意図的に出玉をコントロールすることができる、というものです。

ただ勤続20年の僕は、そんな光景一度も見たことがありませんし、正直具体的なうわさも聞いたことがありません。

よく言われるのは、「ボタン一つで思い通りに大当たりを制御できる!」なんていう光景ですが、んんん、、現実的なのか??

やる目的は?

これに関しては声を大にして訴えたい!パチンコ店側がやる目的ってなんですか?っ話です。

多分想定されるのが3つぐらいですかね。

  1. まんべんなく勝たせたい
  2. 適切に利益コントロールしたい
  3. うざい客からむしり取りたいw

いやいやいや・・。

まずまんべんなくってどうやってやるの?

全顧客の収支を把握するんですか?誰が?いつ?どうやって?

適切に利益コントロール?遠隔操作しなくてもできます。

うざい客にはうざい理由があって、遠隔操作するまでもなく出入り禁止でしょうね。

店側にメリットあるの?

ということでここまでのまとめですが、店側にメリットはありません。

説明したとおり、物理的にできないですし、やろうとするメリットはもはやデメリットの方が大きいので成り立ちません。

逆に、AIの技術がめちゃくちゃ発達してパチンコ業界にも当たり前に取り入れられるようになったとしたとして、その時初めて遠隔操作のメリットが出てくるのではないでしょうか。

顧客側に遠隔だと疑われてる時点で、もはや遠隔失敗ですし、遠隔操作できてないですよね・・

②遠隔操作を疑う人が勝てない理由

隣の芝は青い

冷静に分析していくと、そもそもそういう人たちは自分がかかっていないから騒ぎ始めるわけです。

正直周りの状況なんて見ているようで見ていません。

自分がかわいいだけなんです。

隣がうらやましいだけなんです。

同じハンバーグを頼んで自分の方が小さく見えたらお店に起る人と同じです。

そもそもパチンコを分かっていない

残念ながらパチンコを理解していません。

なぜかと言うと、パチンコは当たらないとダメ、と思っているからです。

ちょっと分かりづらいですが、そもそもパチンコって

投資玉数 < 払出玉数

投資金額より払出金額が大きくなった時に勝ちとなります。

見て下さい。大当たりなんてどこにも書いてないですよね。極論を言えば、1回も当たらなくたって、払出玉数さえあれば勝ちなんです。

ただそんなことはできません。上の例はあくまで皮肉なので、裏を返すとこうなります。

いかに投資玉数を減らして払出玉数を増やすか、これがパチンコの本質です。

欲をコントロールできない

まわりがうらやましいので、次は自分の番だ、とか、そろそろ来るだろうという、何の根拠もない期待を寄せてひたすらお金を突っ込んでしまいます。

パチンコの本質を理解していない人が、ただただ運に身を任せて打ったとしても勝てるわけがありません。

だって、どこまで行ったってお店が儲かるようになっていますからね。

勝ちたいという欲望にかられてパチンコを打っている人は要注意ですよ。

③勝てる人の立ち回り方

徹底したリサーチ

情報収集半端ないです。

勝てる日、勝てる機種、勝てる台、これらを徹底的に調べ上げ、日本全国フットワーク軽くどこでも立ち回ります。

つまり、パチンコはギャンブルではなく、理論値に基づく努力なくしては勝てないものだからです。

パチンコ店の出入り口にプロお断りと書かれたポスター見たことないですか?ハンドルの握り方がプロ?じゃないですね。

勝てる台を把握するのがうまいんです。

勝てると分かったら鬼コミット

そうしたプロと言われる人たちは基本仕事をしていません。

勝てる日、勝てる機種、勝てる台が見つかったら開店から閉店まで、なんなら仲間とともに集団で立ち回ります。

理論的に勝てる台なら当然時間と人数を掛ければ価値額も雪だるま式に増えますもんね。

そういうプロばかりではないですが、パチンコの基本を分かったセミプロたちも同じように立ち回っています。

負ける戦いはしない

負けると分かったら一刻も早く売り抜ける。

これは株式投資の世界でいう損切ってやつですね。

パチンコでも同じで、基準値を下回る台をだらだら打ったところで、まぐれ当たりで勝つことはあっても基本的に負けます。

そもそも負けるような台を選びませんが、万が一選んでしまっても、なんの未練もなくやめていくことでしょう。

④おまけ)パチンコの正しい遊び方

金額か時間を決めて打つ

パチンコって、そもそも大衆娯楽とう位置付けだったんですよ。

みなさん本気になりすぎですね。

まずはパチンコを遊びと考えましょう。

空いた時間にパチンコを打つ、今日は5000円だけ打って帰ろう、ぐらいの軽い感覚でパチンコを楽しんでみてはいかがでしょうか。

そうすれば誰かを疑うような、妬み嫉みの感情は生まれてこないはずです。

演出を楽しむ

パチンコの面白さは演出にもありますよね。

でもそのドキドキ感がパチンコを打つ理由というなら、そもそも4円パチンコではなく1円パチンコで十分です。

当然、勝ち額も少なくなりますが、負け額も少なくなります。

でも演出がおもしろいなら4円と同じように楽しめますので十分ですよね。

パチンコを打つ目的を冷静に考えると、複数の選択肢が見えてきますね。

めちゃくちゃ勉強する

結論、プロ並みに勉強してください、というお話です。

もちろんパチンコで勝ちたいとおっしゃるなら、という前提ですが。

でもそのためには昼間はサラリーマン、とかでは無理ですね。

仕事をやめ、朝からパチンコ店に通い、勝てる基準値を満たす台があったなら閉店までコミットする、という努力が必要です。

結局パチンコとおいうのは、あきらめて楽しむか、本気で勝ちに行くために昼間の仕事以上に努力するかの二択なんです。

以上で今回の内容は終わります。今回の記事を読んである程度パチンコの基本的な向き合い方が分かった方は大丈夫ですが、もし何言ってるのかわからない、なんて人がいたらこちらの記事も読んでみて下さい。

パチンコを誤解している人に向けた、僕の13000文字の記事です。

少しでも誤解が解けて、正しい方向性を示すことができれば幸いです。