立ち回り術

年一イベントは本当に利益還元なのか?

はい、どうも脱パチ店長です。

今日はですね、年一イベントは本当に利益還元なのか?ということでお話していこうと思います。

 

早速ですが、あなたにとって、年一イベントってどういう位置づけですか?

大概の方が、各種イベントの中で、一番アツいと思っているのではないでしょうか。

例えば7月7日を年一イベントにする法人は数多くあります。ただ、7月7日=アツい、というのは実はNGだったりします。

この理由を知らずに、パチ屋の養分と化している人も少なくありません。

誰も教えてくれない唯一正しいパチンコの勝ち方 こんにちは。 パチンコをしないパチンコ店店長こと脱パチ店長です。 パチンコやスロットを打たれる方は様...

 

ということで今回は、年一イベントは利益還元するのか?今回はわかりやすいように7月7日を例にしてお話しいたします。

パチンコ店にとって年一イベントとはどういうものなのか?すべてがアツいわけではないその理由とはなんなのか?この辺りを解説しつつ、年一イベントをうまく立ち回る方法もお伝えしますので、ぜひ最後までお付き合いください。

画像1

7月7日は利益還元するのか?

いきなり結論なんですが、はい、7月7日は利益還元します。

なんだよ、出すんじゃん、って思った方は少しお待ちください。

その前にパチンコ店の7月7日について解説いたします。

パチンコにとっての7月7日とは?

今回は7月7日を例にしておりますが、通常のイベント示唆が、7のつく日であれば、年一イベントになりますよね。

それは基本的な部分ですが誤解のないように定義付けさせていただきます。

 

有名法人で言えば、マルハンさんがその代表例だと思いますがいかがでしょうか。

他にも、7の日と言えばここだよってのがあれば、ぜひ教えてください。

でこの7のつく日は、競合店が多いだけに、大還元の可能性もあるんですよね。

なので、仕事は有給取って、がっつり打ちに行く人もいますし、行列は当たり前の日だったりします。

逆に7の日がイベント日じゃない法人は、少し集客力が上がることを逆手に取って全力回収してたりします。

でここで改めてお伝えしておきたいのが、7月7日=全てがアツい、はNGだということです。通常よりも当然還元はしますが、全てではない、という解釈です。

7月7日の全てがアツいわけではない理由

次に、全てがアツいわけではないその理由について、お話していきます。

 

1点目に、法人内で店舗ごとに優劣がある、ということです。

大きく分けて、旗艦店、通常店、回収店の3パターンで、グランドオープン直後のお店も旗艦店に含まれます。この3パターンで、それぞれ役割が異なるんですが、それは簡単に言うと、お店の利益率にかかわってくるので後程解説いたします。

 

そんな店舗ごとの優劣ですが、次にその店舗一つの中でも、機種ごとに優劣が異なります

メイン機やサブメイン機、常連が好む機種だったり、利益回収目的の機種だったりと、様々な役割を、それぞれの機種に持たせております。

 

年一イベントは、通常営業よりも出すんですが、このようなお店の立ち位置や、各機種の役割を見極めることが、非常に重要です。

店舗ごとの利益率の違い

では、店舗ごとで、どれぐらい利益率が違うのかについて、お答えします。これは通常営業ではなく、7月7日とお考え下さい。

 

店舗ごとの利益率として、まず旗艦店ですが、概ね-10%~-15%ぐらいの赤字だと思っていただいていいと思います。

コロナによる売上減少もあるので、多少幅はあると思いますが、しっかり玉は出すと思います。

 

次に通常店ですが、ぎりぎりの赤字から9%程度の赤字になってきます。

これぐらいの利益率であれば、十分なインパクトは与えられます。

 

最後に回収店ですが、良くて利益ゼロとなる損益分岐ライン、悪くて5%ほど利益を取ると思います。

将来性がない割り切ったお店なので、こういうお店は、出玉アピールすることにメリットを感じておりません。

 

ということで、店舗によってこれだけの差がありますが、正直この差はめちゃくちゃ大きいと思います。

機種ごとの利益率の違い

次に、機種ごとではどれぐらい違うのかについて解説いたします。

 

まず、メイン機ですが、-10%~-20%ぐらいになると思います。

最近のパチンコは、とてもここまで出し切れないので、ワープを開けたり、命釘にいたっては、釘確認シートを逸脱するしかありません。

なので、出し切れない分は、スロットで還元することになると思います。

 

次にサブメイン機だと、大体-6%~-9%ぐらいです。

これぐらいの赤字だと、命釘は12.75~13.00ぐらいなので、基本的には釘確認シート内で対応できます。

 

あとは常連が好む機種についてですが、一応赤字程度の利益率ですね。

あくまで自分の場合ですが、出しても-5%ほどで考えることが多いです。

これは、常連が好む機種はアピールにつながらない場合が多いので、一応赤字にして還元するっていう位置付けです。

 

最後に通常の機種や利益回収機についてですが、基本はよくて利益ゼロ、悪いと5%程度利益を取ります

これは、先ほど挙げた赤字還元機種を活かすための調整で、こういう利益確保がないと、全体のバランスは整いません。

 

機種ごとの役割というのはこういう風に考えられています。

一言で言うと、どのお店をアピールしたいのか、どの機種をアピールしたいのか、ということです。

ここには、法人だったり、各店舗の営業戦略が隠されています。

お店、機種の見極め方では、そんなお店や機種を、どうやって見極めたらいいのか、って話ですが、まずは店選びについての立ち回り方を解説していきます。

お店選びの立ち回り方

1点目は、店選びの基準を考える、ということです。

会社側の目線で考えると、どのお店を大事にしたいか、ということです。

これは、当然繁盛店が当てはまるので、シンプルに稼働率を見ればOKです。

僕の初期のころの過去動画で、稼働率を基にした店舗ランキング動画を出しているので、ぜひそちらを参考にしてみてください。

この場合、日常的に高稼働しているお店は旗艦店で確定、という判断でOkです。

 

ちなみに、競合店含めて考える視点もあります。

例えば地域4番店以下であれば、将来性を見込めず回収店に成り下がっている可能性があります。

地域3番店以上であれば、まだまだ資金を投じて、挽回を狙うかもしれません。

ただ、余りにも高稼働店を狙いすぎると、集客力がえぐいことになるので、台が取れないという事態になりかねません。

という意味では、あまり人気店を狙いすぎるのも問題で、ここはバランスが求められます。

画像2

具体的数字

次に具体的数値を見ていきましょう。

これは、平日の15時稼働率ですが、旗艦店で稼働率46%以上、通常店だと26%~45%、回収店は10%~25%といった具合です。

稼働率と言っても、正確に数える必要はなく、だいたいのイメージで考えていただければOKです。

機種選びの立ち回り方

次に機種選びについての立ち回り方を解説していきます。

これは、お店と同じで、店長はどの機種を大事にしたいのか、こう考えることが重要です。

それは多台数機種であったり、最近増台した機種などに表れている場合がほとんどです。

 

あとは、顧客導線を意識した好立地場所に設置された機種も、店長が大事にしたい意図が込められています。

 

他には、平日の昼間に稼働する機種は、常連様に好まれる機種と位置付けられたり、減台した機種や、端っこに追いやられた機種は、店長的にはもうどうでもよくなった機種で、こういう機種のほとんどは利益回収機に成り下がっていきます。

具体的機種名

具体的な機種として2021年時点では、牙狼やガンダムUCは外せません

将来性のあるメイン機に位置付けている法人がほとんどだと思います。

あとは源さん韋駄天、お店によってはもメイン機に位置付ける場合もあると思います。新しい海もリリースされたタイミングであればアリですね。

 

常連が好む機種には、海や甘デジ、1パチが該当するお店が大半だと思います。通常機種として考えるのは、小台数の新台で、回収機は低稼働機種全般と言えるでしょう。

 

このように理論的に考えていくと、どこのお店を選べばいいのか、どの機種を打てばいいのかが見えてくると思います。ぜひ参考にしていただいて、うまく立ち回ってパチンコを楽しんでいただけたらと思います。

 

僕のYouTubeチャンネル「脱パチ店長の暴露チャンネル」では、今回の内容を動画で詳しく解説しております。ご不明な点などありましたらあわせてそちらもチェックしてみてください。

ちなみに情報はYouTubeの方が早いので、最速でチェックしたい方はチャンネル登録も忘れすにお願いしますね。

 

【もうダマされない!】7月7日はマルハン?パチンコ店の年一イベントは本当に利益を還元するの?現役店長が完全暴露!【2021最新】

 

もし、ご不明な点や、お悩み相談などありましたら、お気軽に公式LINEでご連絡ください。

 

ということで今回の内容は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

誰も教えてくれない唯一正しいパチンコの勝ち方 こんにちは。 パチンコをしないパチンコ店店長こと脱パチ店長です。 パチンコやスロットを打たれる方は様...