立ち回り術

パチンコかスロット、店長の正解はこれです

はい、どうも脱パチ店長です。

 

今日はですね、パチンコかスロット、正解はこれです、というタイトルでお話をしていきたいと思います。

 

あなたはパチンコとスロットってどっちが熱いんだろうって考えたことありませんか?

スロットは苦手だからパチンコしか打たない、とか、好きなコンテンツがあるから自分はスロットを打つ、とか、そういう基準で選んでいる人はいいのかもしれません。

 

でも中には、どっちを打つべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

パチンコで負けたからスロットを打っておけばよかった、とか、スロットで負けたから今日はパチンコだった、などと後悔しても時すでに遅しです。

画像1

パチンコ店の考え方に、パチンコなのかスロットなのか、この部分が結構表れるものなんですが、これを知らずに間違った立ち回りをして、後悔している人も少なくありません。

 

ということで今回は、パチンコとスロットでどっちを打つべきか、ずばりお答えしたいと思います。

なぜそれを打つべきなのか、具体的な3つの理由について解説いたします。

これを見ると、きっとあなたのモヤモヤも解消すると思います。

ただ反対の方を選んでもいいという一部例外もあります。

よりうまく立ち回っていただけるよう、ぜひ最後までお付き合いください。

誰も教えてくれない唯一正しいパチンコの勝ち方 こんにちは。 パチンコをしないパチンコ店店長こと脱パチ店長です。 パチンコやスロットを打たれる方は様...

パチンコとスロット、どっちがいいの?

ということで早速結論からお話ししたいと思います。

パチンコとスロットではどっちがいいのか、

結論:パチンコ

 

こうやっていうと、スロッターの皆さんから、いやいやおれはスロットでめし食ってるよ、というような声が聞こえてきそうですが、そういう方は遠慮なく離脱してください。

ほんとに立ち回りがうまい方なので、時間の無駄になってしまうと思います。

 

ということで気になる方のために、3つの具体的な理由についてお話をしていこうと思います。

具体的3つの理由

ということで、パチンコであるべき3つの理由です。

❶機械性能
❷顧客母数
❸運用方法

この3点がパチンコであるべき理由なんですが、これだけでは当然わからないと思うので一つずつ解説していきます。

 

❶機械性能

まず1点目の機械性能についてです。

みなさんご存知の方も多いと思いますが、スロットって機械性能が落ちてて、機種事態に魅力がなくなってると思います。

これは6号機の規制が影響しているんですが、有利区間がその代表例ですよね。

現状有利区間という、簡単に言うとオイシイ区間の継続G数は1500Gとなっており、今後3000Gに緩和されるという話もあるんですが、獲得メダル枚数が上限2400枚という部分は変わらないので、正直顧客側に大きなメリットがあるかというと、それはないと思います。

 

逆にパチンコの方は、規制緩和の流れが起きていて、継続率の緩和やモードTYっていうRUSH時における期待出玉の上限緩和とか、完全いい流れがきているのがパチンコだったりします。

画像2

こんな状況で、正直店側の人間から言わせてもらうと、出したくても出ないのがスロットなんですよね。

これは顧客側にも顕著に表れていて、パチンコ需要の方が高まってるんですよね。

 

❷顧客母数

次に顧客母数について見ていきます。

これは❶の機械性能にもつながってくる内容なんですが、現状全国パチンコ店における設置台数はパチンコ240万台、スロットで155万台であり、比率にすると6:4でパチンコ方が多いんですよね。

ただ正直これは最近急にそうなったわけではなく、しばらくこんな状況が続いてます。

 

でもみなさんお気づきだと思いますが、多くのパチンコ店でスロット台数を減らしてパチンコに変更する工事が行われて、リニューアルオープンと謳っているホールが増えてないですか?

年末年始、ゴールデンウィーク、お盆前などの繁忙期前にはこの流れは加速すると思いますのでよく見ておいてください。

 

考えなければいけないのは、どの層がパチンコやスロットを打つのか、ということで、昼間であれば主婦やシニア層、夜はサラリーマン層だと思います。

昼間のホール運営を支えるのは間違いなくこの主婦やシニア層であり、そういう方々が好まれるのがパチンコだったりします。

 

あと、打つためのお金を持っているのはシニア層やお金持ちの主婦だったりします。

このような情報をまとめていくと、パチンコの方が遊技人口が多い上に、お金を持っている層が多い、ということが言えると思います。

つまり、店側の目線で言うと、投資効率が高い、ということが言えます。

 

❸運用方法

次に運用方法です。

ここまでご説明した内容は表面的な部分であって、そういう部分は正直あなたでも見えている可視化された部分だったりします。

今からお伝えする運用方法は、実は一番お伝えしたい部分であり、あなたには見えない部分なんですよね。

 

まず一つ目に、スロットの設定6というのは、それを入れても顧客側が勝てないことが結構あるんですよね。

先ほどスロットは出したくても出ないとお伝えしましたが、それがこの部分だったりします。

そんな設定6も、それでもほとんど使うことがありません。

通常営業であればほとんど設定1ですし、あっても2です。

 

イベント日でようやく使い始める高設定ですが、あるとわかっていても、実際どこにあるのかはわかりません。

例えば5台設置された機種があったとしても、5台の内どこに高設定があるのかはわかりません。

その時点で、単純なボーナス当選確率に加えて、台選びという抽選確率が存在することになり、全体的な勝率を押し下げてしまっています。

 

というスロットに対してパチンコはどうかと言うと、もちろん完全確率なので、出したくても出ないことも全然あります。

ただスロットと違って、いろいろと調整することができるので、投資金額を抑えたり、出玉を増やしたりして、意図的に還元することができます。

 

スロットはピンポイントで高設定を使うのに対して、パチンコはそうではありません。

機種全体をアケ調整するので、おすすめする機種さえわかれば、台を探すという手間はなく、どの台でも安心です。

ということで、顧客目線で勝利までの距離が近いのはパチンコです。

 

唯一の例外

ただ例外もあります。

基本的にはパチンコがおすすめなんですが、唯一スロットをおすすめできる条件というのがあります。それについてお話しておきます。

 

まず営業日ですが、年一イベントの時です。

正直年一イベント限定です。

通常イベントでは大した設定入ってませんし分が悪いです。

 

次にお店選びですが、これは地域2番店がいいと思います。

1番店の座を狙うお店の年一イベントは中途半端にならないと思います。

画像3

あとは機種ですが、これは3点あります。

①お店の推し機種

なにが推し機種かというのは、普段の営業から読み取る必要があります。

通常イベントで大事に使っている、告知ポイントが多い、などはその判断基準です。

 

②最大設置台数機種

単純に稼働をつけたい意図があっての台数なので、高設定を多く使う可能性は高いです。

 

③将来性の高い機種

これは中古価格を見たり、新台導入2週目の稼働減衰率などから読み取る必要があります。

こういった指標でなかなか数字が落ちない機種は、その時の旬な機種なので、乱暴な扱いはしないはずです。

 

以上のような条件がそろったときは、迷わずスロット勝負でいいかもしれません。

ただ基本はパチンコで立ち回る方がこの先圧倒的に有利なのは間違いありません。

ぜひ参考にして、うまく立ち回ってみてください。

 

あと、先日有料記事を公開しました。

パチンコというものに対して多くの人が誤解をしながら向き合っております。

そんな誤解をどうしても解きたい、という思いで13000文字にまとめました。

誤解されている方の方向性を少しでも正すことができればと思っておりますので、もしご興味あれば手に取って見ていただければと思います。 ※期間限定で割引しております。

誰も教えてくれない唯一正しいパチンコの勝ち方 こんにちは。 パチンコをしないパチンコ店店長こと脱パチ店長です。 パチンコやスロットを打たれる方は様...

 

僕のYouTubeチャンネル「脱パチ店長の暴露チャンネル」では、今回の内容を動画で詳しく解説しております。

ご不明な点などありましたらあわせてそちらもチェックしてみてください。

ちなみに情報はYouTubeの方が早いので、最速でチェックしたい方はチャンネル登録も忘れすにお願いしますね。

【2021最新】パチンコかスロット、実際どっちがアツイの?正解はこれです。具体的3つの理由をお話しします!【現役店長解説】

 

パチンコに関することでご不明な点や、お悩み相談などありましたら、お気軽に公式LINEでご連絡ください。

 

ということで今回の内容は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。