立ち回り術

行ったら終わり、ヤバい利益回収日

はい、どうも脱パチ店長です。

今日はですね、行ったら終わり、ヤバい利益回収日、ということでお話していこうと思います。

 

早速ですが、あなたはパチンコで負けるとムカつきますよね?

割り切って、暇つぶし感覚で打っている人は、ムカつかないかもしれませんが、ほとんどの人はこういう感情になりがちです。

 

ちなみに、パチンコ店には還元日と回収日があるのをご存じですか?

多くの人は、還元日ばかり気にして、回収日には無頓着になりがちです。

意外に回収日を知らずに打ちに行ってしまう人も多く、損をしてしまっているかもしれません。

 

ということで今回は、ズバリ!パチンコ店が利益回収する営業日を暴露します。

週単位、月単位、年単位で、それぞれどんな回収日のパターンがあるのか、細かく解説いたします。

今回ご紹介する回収日を避けて立ち回るだけで、あなたの負け率は下がりますので、ぜひ最後までお付き合いください。

誰も教えてくれない唯一正しいパチンコの勝ち方 こんにちは。 パチンコをしないパチンコ店店長こと脱パチ店長です。 パチンコやスロットを打たれる方は様...

パチンコ店の利益管理の仕組み

まずは、パチンコ店の利益管理の仕組みについて、ざっとご説明しておく必要があります。

 

パチンコ店は、まず年間の予算があって、月間の予算があります。

予算というのは、言い換えると目標と言えるかもしれません。

この目標には、売上、利益、利益率、それぞれが該当します。

売上というのは顧客の投資金額ですよね。

利益というのは顧客の回収金額を売上から差し引いて残った金額です。

これはだいぶざっくりしてますが、それ以外の固定費などはここでは割愛しております。

利益率というのは売上に対する利益の割合を示したものです。

利益率が低いというのは、それだけ、還元している、顧客思いのお店、というイメージでOKです。

 

この売上、利益、利益率というのは、機種ごとにも決まっております。

年間で決めることには無理がありますが、毎月機種ごとの数値はシミュレーションして、営業を組み立てております。

 

当然、利益がとれないとNGです、これはどの法人でも言えることで、会社運営の原則ですよね。

予定していた利益が取れないと、会社運営に支障をきたすことになりかねません。

ということで、店長はこの利益を取るのに必死で、予定していた金額が取れているときはいいですが、取れないときは、どの機種で利益を取るのか、どの営業日を回収日にしようかと、頭を悩ませています。

画像1

ということで、今回はその営業日にフォーカスしました。さっそく解説していきたいと思います。

週単位の回収日

まずは週単位の回収日ですが、こちらです。

週末&祝日、ですね。

これはなんとなく想像はついていたと思うので、大丈夫だとは思いますが、週末や祝日というのは、基本的に平日に比べて集客力が上がるので、こういう集客日に利益回収するという考え方は、パチンコ店のセオリーだったりします。

 

ちなみに利益率でいうと、平日対比で+2%ほどです。

命釘で板ゲージを2枚ぐらいシメるイメージだとお考え下さい。

板ゲージ2枚というのは、1枚0.25ミリなので、それを2枚マイナス調整をする、つまり0.5ミリへそ釘が狭まる感じです。

千円スタートでいうと約1回分落ちる感じですね。

 

あと、週末ぐらいの回収日では、メイン機はシメずに、平日調整のまま臨む法人、お店もあると思うので、この辺りはチェックしてみてください。

ちなみに平日でも、もともと回収機になっているような機種は、特にそれ以上シメずに、そのままの調整だと思います。

週末しか行けない人もいるので、シメてもOK、こう考えるのが一般的な店長のマインドです。

年単位の回収日

次に、年単位の回収日です。

これはいわずもがなでしょうが、繁忙期ですね。

年末年始やGW、お盆がそれにあたります。最近ではシルバーウィークも繁忙期と言えるかもしれません。

 

この繁忙期と言うのは、先ほどご紹介した、週末稼働に帰省した顧客も上乗せされるので、一言でいうと週末を超える集客が期待できます。

なので当然回収日になります。

最近ではコロナの影響で、リモート帰省とかもあるので、少し集客力が落ちてる事実はありますが、基本的には変わらず回収日なので、お気を付けください。

 

利益率で言うと、平日対比で+4%ほどになるかもしれません。

命釘で板ゲージを3枚ぐらいシメるイメージだとお考え下さい。つまり0,75ミリへそ釘が狭まる感じです。

千円スタートでいうと、約1.5回分ぐらい落ちると、覚悟しておいてください。

 

ちなみに、これだけ利益率を上げるので、当然メイン機でもシメ調整です。

ただの週末とは違い、回収する気は満々です。

平日から回収機だった機種は、へそ釘以外を触ります。

通常中、確変中の返しを減らすような見直しをかけたり、無駄にスタートが高い台を探して、道釘や風車上のマイナス調整をしたりします。

 

繁忙期の中で一番稼働が上がるのは、正月三が日です。

なので、ここが一番えぐい調整内容になっているので、ぜひメモをしておいてください。

特に3日目ですね、1月3日は調整の精度がMAXなので、カツカツです。店長は、顧客の身ぐるみをはがす気満々なので要注意です。

 

基本的に、繁忙期は長期休暇なので、後になるほど追い調整が加わって、分が悪いと思っておいてください。

これはGW、お盆も同じなので、覚えておくといいと思います。

 

先ほどと同じで、繁忙期しか行けない人もいるので、シメてもOK、こう考えるのが一般的な店長のマインドです。

月単位の回収日

最後に月単位の回収日です。

これが一番変則的になるので最後にしました。月単位ではどういう営業日が回収日になるのか、それはこちらです。

還元日の前、ということです。

還元日の前というのは、イベント前日や、給料日の前、あとは月末なんかも該当したりします。

ちなみにこちらの、パチンコ店は給料日に釘をどうするのかって動画も出してますので、よかったら参考にしてみてください。

 

で、どれぐらい回収するのかって話ですが、これは正直そのときの利益状況次第です。

利益が目標から乖離しているほど、ぼったくり度は増します。

 

利益率は2%~4%で、よくて週末程度、悪いと繁忙期レベルまでシメます。命釘では2~3枚で、メイン機もこれまで同様に、利益状況次第では平気でシメます。

スロットだとAタイプで①を使うことはほとんどありませんが、この時ばかりはALL①にもなったりします。

 

店長マインドとしては、翌日のイベント日や還元日で、悪いイメージを払しょくできるので、大回収してもOK、こう考えます。

あくまで一方的な考え方なので、顧客側が必ずイメージ回復になるかどうかは、正直未知数です。

ヤバい利益回収日まとめ

ということで、ヤバい利益回収日をまとめておきます。

まずは週末と祝日ですね。

次に繁忙期で、特に正月がMAXで危険であるということと、後になるほど回収の精度が上がるので、なおさら危険、という感じです。

あと覚えておいていただきたいのが、還元日の前、ということでした。イベント日の前日や給料日前、月が変わる前である月末も、回収日になることが多いです。

画像2

あくまでその店の利益状況次第ですが、ここでご紹介した営業日は、最もえぐい調整になっている可能性が高い営業日です。

こういう日を避けるだけで、あなたの負ける確率は間違いなく下がりま

こういう日はパチンコの誘惑に負けないように、我慢しましょう。

さいごに

今回の内容は難しい…そんな方はこちらの記事の方が合っているかもしれません。

パチンコは砂漠と同じで、進む方向を間違えるとオアシスに辿り着くことはできません。

今パチンコ勝てなくて悩んでいる方は、もしかすると進む方向を間違えているかもしれません。

今のまま進む続けても、満足できる結果を得られることはないでしょう。

一度スタート地点に戻って進むべき道を確認してみませんか。

こちらの記事で解説しております。

誰も教えてくれない唯一正しいパチンコの勝ち方 こんにちは。 パチンコをしないパチンコ店店長こと脱パチ店長です。 パチンコやスロットを打たれる方は様...

 

僕のYouTubeチャンネル「脱パチ店長の暴露チャンネル」では、今回の内容を動画で詳しく解説しております。

ご不明な点などありましたらあわせてそちらもチェックしてみてください。

【注意!】これを避けるだけで勝率UP!行ったら養分確定!パチンコ店のヤバい利益回収日を現役店長が暴露します。【2021最新】

もし、ご不明な点や、お悩み相談などありましたら、お気軽に公式LINEでご連絡ください。

 

ということで今回の内容は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。