パチンコ

パチンコで勝てる可能性の高い台BEST3【現役パチ屋店長が解説】

こんにちは脱パチ店長です。

当たり前の話ですが、パチンコって負ける時もあれば勝つ時もあります。

負ける台や勝てる台が事前に分かれば言うことありません。

・最近パチンコが勝てない

・遊技台を見るときに何かポイントってあるのかな

・簡単に勝つ方法って無いのかな

こんな悩みにお答えします。

 

僕はパチンコ店に勤めて約20年ほどですが、その内10年は店舗管理者を任されました。

店長としての目線で見た時にある程度勝てる見込みのある遊技台、勝てる見込みの無い遊技台として見分けることができます。

 

そんな僕がこの記事では次の内容で解説していきます。

①そもそもパチンコで勝つとは

②なぜ台選びが重要なのか

③勝てる可能性の高い台BEST3

読み終わった後には少しでも考え方が変わり勝てるための行動が身につくはずです。

 

それでは一つずつ掘り下げて行きましょう。

①そもそもパチンコで勝つとは

投資金額と還元金額の差

パチンコで勝つと一言に言っても、その原理を分かっていない人が多い気がします。

簡単に言うと、投資金額より還元金額が多くなれば勝ち、少なくなれば負け、ですよね。

じゃあ、投資金額を少なくして、還元金額を多くすればいいじゃん!って話ですが、そもそもコントロールできるのは投資金額のみで、還元金額をコントロールすることはできないんです。

当然ですよね。

次にいつ当たるかが分かる人はいませんし、何連チャンするか分かる人も絶対にいません。

でも投資金額はどうでしょう。

少ない金額でたくさん回せる台であれば投資金額は少なくて済みますし、逆であれば投資がかさみます。

ということで、コントロールできるのは投資金額だけなんです。

利益率=ボーダーライン

よくボーダーラインって言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、それは利益率0%、つまり損益分岐点のことを指しています。

分岐点からどちらに振れるのかでお店が赤字になり、顧客が黒字になる、その逆も然りです。

ただ、その言葉の意味を知っているだけでは意味がありません。

重要なのはどうやってお店が赤字になる台=顧客側が黒字になる台を見極めるかです。

答えは一つ、スタート回転数の高い台を選ぶ、ということです。

あくまで理論値なので、そういう台を選んだからと言って必ず勝てるわけではありません。

あとは最大限の時間を費やすことで勝ちに近付けることが可能になります。

止めどき問題

いつ止めるかで勝ち負けの結果は全く異なります。

それは一日単位でもそうですし生涯単位でも同じです。

例えば、朝から投資2000円で3000発出てその時点で止めた場合、概ね10000円の勝ちです。

しかし、そのまま打ち続け全て飲まれてしまった場合2000円の負けとなります。

生涯単位でも同じです。

30歳までの負債を40代で取り返し、50代でプラスになってそのまま引退すれば勝ちです。

どれだけ過去に負けていようが結局勝ちです。

止めるタイミング次第で結果が変わると言うのはこういうことです。

②なぜ台選びが重要なのか

投資金額を抑えるため

ここまで解説したように、パチンコで勝つためには投資金額をできるだけ抑えることが重要です。

そのためにはスタート回転数がより高い台を選ぶ必要があるということも説明しました。

こういったことを理解していないと、適当に遊技台を選ぶこととなり、運任せでパチンコを打つことになります。

もちろん最後は確率の世界なので、100%勝てないということもありませんが、あなたがより長くパチンコを打つという方であれば、投資金額を抑えるためにスタート回転数の高い台を選ぶということは、より重要度を増します。

おすすめ台を見極めるため

おすすめ台を見極めるために、台を選ぶという行動は重要です。

これは先ほど解説した投資金額を抑える行動に重なりますが、それを広く捉えた考え方です。

おすすめ台とは、いわゆる利益率の低い台を指し、お店側が甘く活用する遊技台を言います。

当然ながらこのような台の中にはスタート回転数の高い機種が含まれますし、逆に言えばそうでなければおすすめ機種とは言えません。

無理な勝負をしなくて済む

これは応用編です。

つまり、おすすめ台が分かるようになり、その中から投資金額を抑える事の出来る回転数の高い台を選ぶことが出来た場合、その台を打ち続ける判断が可能です。

逆にそういう台に辿り着けない場合は、その日は遊技を止めるという選択ができるようになります。

妥協してパチンコを打つことが無くなるということは、無理な勝負をしないということで、結果として負け回数、負け額を減らし、勝ちへとつながります。

③勝てる可能性の高い台ベスト3

ここでは具体的に勝てる可能性の高い台についてランキング形式でご紹介させて頂きます。

パチンコ店店長の目線で書いてますので信憑性は高いはずですが、自分以外の考え方の店長もいらっしゃると思いますので当然100%ではありませんので悪しからず。

3位 設置機種の多い台

どの分野でも同じですよね。

設置機種の多い台と言うのはお店側がおすすめしている証拠です。

単純に需要が高いから設置台数を増やす、と言う考え方もあるんですが、見方を変えると、その需要を維持するために甘く活用する、という見方ができます。

あとは競合店から顧客を奪い取るために設置台数で上回り、且つ運用基準も甘めにする、とう戦略も王道のやり方です。

スーパーとかに買い物に行くと、おすすめ商品が山のように積まれていたりします。

あの光景こそがまさに販売点数を増やし、単価を下げ需要を囲い込む戦略ですよね。

その戦略がパチンコ店でも同じように使われているということです。

2位 良く目に付く場所に置かれた台

これもよくある戦略で正に王道です。

良く目に付く場所というのは、顧客の人通りが多い場所や、一番目立つ場所のことを指します。

人目に付くことで顧客の興味を煽り、集客を図っているのです。

でもそうやって集客して、実は利益回収したいだけじゃないの?という疑問もあるとは思いますが、断言します。

そんなことはありません。

なぜかというと、一番目立つ場所に置かれた台で利益を回収するということは、つまり顧客を騙す行為であり、一気に信頼を失うからです。

スーパーに入店してまず目に飛び込んでくる山のように置かれた大根が、他のお店の1.2倍の値段だった場合、あなたはどう思いますか?

二度とこのお店に来ない!は言い過ぎかもしれませんが、ちょっと疑念は抱くはずです。

というように、一等地に置かれた遊技台は基本的にお店がおすすめする台であるということです。

1位 同一機種を増台した台

これも分かり易い店側の明確なメッセージです。

同一の遊技台を増台するという店側の判断は次の3つからでしょう。

①利益が取り易い

②ニーズが高い

③将来性がある

①の場合は相当がめつい店長ですが、基本はほとんどありません。

問題は②③です。

ほとんどの増台パターンはこの2種類で、ニーズが高く将来性があるからお店は増台に踏み切るのです。

当然そんな優秀な機種をお店は辛く扱う訳は有りません。

当然甘く活用して、自分のお店の看板機種として育成を始めるのです。

このようなパターン見かけたら、迷わず遊技する事を、私からもおすすめします。

以上で今回の内容は終わります。今回の記事を読んである程度パチンコの基本的な向き合い方が分かった方は大丈夫ですが、もし何言ってるのかわからない、なんて人がいたらこちらの記事も読んでみて下さい。

パチンコを誤解している人に向けた、僕の13000文字の記事です。

少しでも誤解が解けて、正しい方向性を示すことができれば幸いです。