パチンコ

パチンコを理解すると新台は打てなくなる!【現役パチ屋店長が解説】

こんにちは脱パチ店長です。

パチンコを打つ場合、いろんな台があって、何を打っていいか分からない人いませんか?

でなんとなく「新しいから」という理由で新台を打ってる、なんてことありませんか?

もしくは新台はアツイ!とか勝手に出玉イメージを膨らませて新台を選んでいませんか?

結論申し上げますと、新台は打つべきではありません。

ちなみにこの記事を読むとこんなことが分かります。

・新台の仕組みが分かる ・店長の考え方が分かる

・なぜ新台を打ってはいけないのか

・どんな台を打つべきかが分かる

簡単にぼくの経歴だけお伝えしておきますが、20歳でパチンコ店に入社して、そこから10年ぐらいのホール経験を経て、その後店長を約10年ほど任されました。店舗も大きいところでは月商10億円なんてのもありました。そんな僕が、新台だけはやめたほうが良い、というのには明確な理由がありますので、よろしければ最後までお読みください。

ということで順番に解説していきましょう。

新台の仕組みを知ろう

みなさん新台と聞くと真新しい印象をお持ちではないでしょうか?

でも新台には種類があります。

新品で購入した台

これは文字の通り、遊技機メーカーから直接お金を支払って遊技台を購入するパターンで基本的には全て新品です。

ただ盤面だけ購入して遊技枠といわれる盤面以外は使いまわし、というパターンもあるので要注意ですね。

グループ店で使いまわしした台

例えば旗艦店で大量購入した遊技台の需要が落ち半分撤去する場合、そのまま中古市場に出回る場合もありますが、同じグループ店で再利用する場合があります。

再利用するお店にとっては初めて導入するので新台扱いとなり、顧客にとっても同じ状態と言えます。

他法人からの中古購入

これもグループ店の使いまわしパターンと被る部分がありますが、同じグループ店ではなく他法人で撤去した遊技台が中古市場に出回りそれを購入するパターンです。

中古台でありながら導入店舗としては初導入なので新台として謳います。

店長の考え方を知ろう

まず、何のためにお店は新台を導入するのでしょう?

簡単に言うと次の3つでしょうか。

①顧客の注目を集めたい

お店というのは顧客を集めてナンボの世界です。

これはどの業界も同じでしょう。

ただ、毎日何も変化が無いまま顧客は増えていくでしょうか。

現実的にはかなり難しく、そうはいきません。

そこで新台というツールを使って顧客に訴求し集客を行うのです。

②古い台を撤去したい

お店の中には新旧様々な機種があります。

常連の顧客からするとあえて古い台が好きだ、というパターンもありますし、あの台は相性がいいから好きだ、なんてのもあって一概には言えませんが、基本的に導入時期の古い台からニーズが落ちます。

なのでそういう題は1日の営業を通してもほとんど稼働せず、お店にとって不要な存在となります。

そういう台は新台で入れ替えたい、と思うのが店長の自然な考え方です。

ライバル店に勝ちたい

パチンコ店も他業種同様にライバル店が存在します。

ライバル店が新台100台導入し自分のお店が0台だったらどうなるでしょうか。

当然顧客の流れもライバル店に流れる可能性があります。

というように競合店との戦いの中で、新台というのは重要な存在なんです。

なぜ新台を打ってはいけないのか?

ここまで説明したところでそろそろ結論の解説です。

なぜ新台を打ってはいけないのか。 その理由は3つです。

①事前のデータがない

これは前述した新台の種類において、メーカーから購入する新品の台の場合です。

当然初めて導入する台なので盤面の釘構成は初期出荷状態です。

ある程度の数値は計算で求められたりしますが、そんなのはあてになりません。

つまり、店長が、新台は玉を出したい!と思ってもその通りに行くかは分からないのです。

店長の意図した結果にならない場合がある、という意味で打つべきではありません。

そもそもメーカー公表値が正しいとは限らない

これも実際にあった話ですが、初めて導入した新品の台が、メーカーが公表していたシミュレーション値と異なり、大回収機となってしまった、という話です。

いつしかのカイジなんかはその例です。

爆裂機と謳われ各ホールは大量導入しましたが実際は激辛機で玉を出すのにめちゃくちゃ苦労しました。

というかメーカーの詐欺と言ってもいいくらいです。

利益を得たい

当たり前の話で、結局これなんですが、どんな法人も利益ありきで営業しています。

利益が取れなければ会社は成り立ちませんので。

ではどうやって利益を取るのか? もちろん遊技台が稼ぐんですが、これは需給バランスで考えるとよく分かります。

希少価値の高いものは値段が高くても売れたりしますよね? 新台の希少価値は導入当初めちゃくちゃ高いです。

反対に撤去対象になるような台は需要がほぼありません。

そんな台でどれだけの利益を稼ぐことができるのか、稼げるわけはありません。

つまり新台ほど利益を稼ぎやすいものはない、ということです。

どんな台を打つべき?

ここまで書くと、じゃあどんな台を打てばいいの?って話ですが、これから解説しますね。

結論はお店にとってのメイン機を考えるということです。

でもそんなのどうやって分かるの?って声が聞こえますが当然です。

でもそれを見分けるポイントがあるので解説します。

それは次の3つです。

①設置期間で考える

お店にとっての一押し機種を考えましょう。

もちろんその中に新台が入るお店もあるかもしれません。

でも前述したとおり、お店の思い通りの営業になっているとは限りません。

でもそれが一か月過ぎた場合どうでしょうか。

次の新台が入っているにもかかわらず、ニーズが落ちない過去の新台は、お店にとって貴重な存在へと成り上ります。

こういう台は長期間設置されることとなるため、お店も利益回収なんて気はおきません。

大事に大事に使い始めるのです。

②設置台数で考える

遊技台というのは、設置期間とともにニーズが下がりどんどんその台数は減っていくものです。

これがニーズが落ちない場合、お店は増台したりする場合があります。

つまり設置台数が増えたということです。

お察しの通り、こんな機種はお店のおすすめ機種以外の何物でもありません。

設置台数とお店の意図は深くかかわってますので見逃さないようにしましょう。

例)海、北斗無双、ジャグラー、バジリスク絆

③設置場所で考える

他業種で考えるとわかりやすいです。

例えばコンビニの棚。

一番目の付くところに売れ行き商品を陳列したりお店が力を入れている商品を並べたりしています。

八百屋ではどうでしょうか。

その日に仕入れた野菜をお店の奥に陳列なんてしませんよね?

これはシンプルにお店一押しの商品を、一番顧客の目に留まる場所に並べて販売しているんです。

パチンコ店も考え方は全く同じで、顧客導線上、一番顧客の目に留まる場所にお店の顔となる機種を持ってきたりします。

それはお店によって様々ですが、例えば景品カウンターの前だったり、景品買取所近くだったり、もしくはメインの出入り口付近だったり。

一番顧客の往来が多いところがお店にとっての注目場所なんです。

まとめ

というように、パチンコ店の戦略もいろいろありますが、店長の考え方だったり、他業種の例に照らし合わせると、正しい道は簡単に見えてきます。

新台を打ってはいけない理由、お判りいただけましたが?

ただこれは100%ではありませんので、もちろん逆のパターンもあり得ます。

ただそれは運がよかっただけなので要注意です。

以上で今回の内容は終わります。今回の記事を読んである程度パチンコの基本的な向き合い方が分かった方は大丈夫ですが、もし何言ってるのかわからない、なんて人がいたらこちらの記事も読んでみて下さい。

誰も教えてくれない唯一正しいパチンコの勝ち方 | 脱パチ店長 | Brain (brain-market.com)

パチンコを誤解している人に向けた、僕の13000文字の記事です。

少しでも誤解が解けて、正しい方向性を示すことができれば幸いです。