パチンコ

パチンコ初心者におすすめしたい3つの事【現役パチ屋店長が解説】

こんにちは脱パチ店長です。

最近パチンコをやり始めた方やこれから始めようと思っている方も少なくないのではないでしょうか。

・知り合いでパチンコやってる友達がいるけど自分もやってみようかな

・でも負けたらお金なくなっちゃうよね?

・やめておいた方がいいかな・・・

こんな感じでしょうか。

この記事ではそんなパチンコ初心者の気持ちになっておすすめしておきたい3つのことを解説していきます。

ちなみに僕は、パチンコ店に勤めて約20年が経ちました。

内訳はホール業務10年間、店長業務10年間とざっくりそんな感じですね。

大きいお店では1000台規模の店舗も任されましたし月商では10億円規模の実績もありました。

と、そこそこ経験値高いんじゃない?と自負しております(汗

で結論、ズバリ初心者におすすめしたいのは次の3点です!

①パチンコをやる目的を明確にすること

②パチンコをやる金額を決めこと

③パチンコをしないこと

それでは順番に解説していきますね。

①パチンコをやる目的を明確にすること

目的を明確にすることはめちゃくちゃ重要です。これは何をするにも同じことが言えますがパチンコではどうでしょうか。解説します。

以外に多いのが“なんとなく”の人

なんとなく時間があるから・・なんとなく友達がやっているから・・なんとなく勝てそうだから・・みたいな。

何の目的意識もなく、さらっと始めちゃう人が多いように感じます。

お金を使うものなので、なんとなくではいつまで続けるのかも不明ですし、何を打っていいのかも不明確です。

つまり適当になってしまいます。

あなたはなんとなくでその仕事をしてますか?

なんとなくでダイエット始めました?

だとしたらとんでもない結果で終わるのは明白ですよね。

目的を明確にするとは?

パチンコでいうところの目的を明確にするとは、パチンコを打つことでどうしたいか?ということです。

例えば

時間をつぶしたい

小遣い(=生活費)を増やしたい

ストレス発散したい

など、ひとそれぞれ目的は違うはずです。

まずは自分自身でこの部分を整理してみてください。

仕事をする前に、そもそも仕事をする必要があるのか?どの仕事をするべきか?

ダイエットを始める前に、ダイエットしてどうなりたいのか?どんなダイエットをやるべきか?を考えるのは当然ですよね。

目的を明確にするとどうなるの?

目的を明確にすると、行動が変わります。

将来飲食店を経営したい人が新聞配達しませんよね。

3キロだけやせればいいと思ってる人がライザップ通います?通いません!

つまり時間をつぶしたい人と、小遣いを増やしたい人、ストレス発散したい人では、その後の行動は全く別物ということです。それは次の3店で大きく異なります。

打つ台が異なる

パチンコに様々なスペック=機械仕様があります。

簡単に当たるけど見返りが少ない機種もあれば、逆になかなか当たらないけどその分の見返りが大きい、など。

当然打つ目的が違えば、選ぶ機種、台も変わってきます。

打つ時間が異なる

2時間だけ暇な人が朝から晩までパチンコしません。

逆に生活費を稼ぎたいと思ってる人は2時間打つだけでは100%無理です。

打つ時間というのはパチンコに要する時間ということで、当然目的によって異なります。

打つ金額が異なる

いわゆるレート=貸し玉金額といわれるものですが、1円パチンコや4円パチンコと言われる1玉当たりの貸し玉金額があります。

1玉1円で玉貸し → 1玉1円で景品交換(※便宜上等価交換)

1玉4円で玉貸し → 1玉4円で景品交換(※便宜上等価交換)

当たり前の話ですが、少ない金額で打つ人は、景品交換時も1玉の価値は1円であり、逆に4円で借りた人は交換時も4円の価値があるということです。

単純に同じ時間打とうと思ったら1円は4円に対して4分の1の金額で打てる、ということです。

パチンコをやる金額を決めること

次におすすめするのがそもそも打つ金額を決めてパチンコを打とう!ということです。掘り下げて解説していきます。

例えば月1万円

例えば月に1万円と設定します。

暇つぶしでパチンコを打ちたい方は1円パチンコという選択肢になるでしょう。

小遣いを増やしたい人やストレス発散したいは、その1万円を握りしめてハイリスクハイリターンの機種を打ち一発逆転を狙うしかないでしょうね。

設定金額 × 遊技目的 = 行動

どんなに初心者でも論理的に考えることで、行動まで具体的に見えてきますよね。

金額を決めることのメリット

金額を決めてパチンコを打つことでこんなメリットがあります。

収支管理が簡単

投資=支出が1万円と決まっているので、あとは収益がいくらだったかがめちゃくちゃ分かりやすいですよね。

毎日ばらばらだと、別で収支管理をしなければいけませんが、1万円限定(あくまで例ですが)ならそんな必要もありません。

日常的に頭の中で処理できちゃいます。

のめりこまない

結構重要です。

そもそもパチンコは1万円と決めているので、それ以上使うことがありません。

つまりのそれ以上めりこむこともありません。

ただこれには強いメンタルも必要で、すべての人が同じようになるとも限りません。

特に初心者の方が最初のうちに設定しておくとよいテクニックですのでよろしくお願いします。

負債が増えない=もはや負債ではない

のめりこまない、の別表現ですが、どこまでいっても負債金額は毎月1万円です。

家賃5万円

食費2万円

スマホ代1万円

パチンコ代1万円

毎月の必要経費の中に組み込んでしまうことで、いわゆる交際費や趣味のお金となんら変わりません。

パチンコをしながら普通に生活ができます。

③パチンコをしないこと

次におすすめするのがパチンコをしないことです。何言ってんの?と思いでしょうが根拠ありです。解説します。

そもそもパチンコはやめましょう

約10年前、パチンコの遊技人口は約1700万人いました。

それが昨年は900万人に減少しています。

つまりこの10年で約半分ほどに激減してるんです。

これには様々な理由がありますが、一言で言うとおもしろくなくなったから=パチンコよりおもしろいことが増えてきた、だと思います。

あなたがせっかく始めた、これから始めようとしているパチンコですが、まわりはどんどんやめています。

自殺する人もいました

痛々しい話ですがあえて書きます。

パチンコは依存度が高く、最近ではギャンブル依存症として社会問題にまでなっております。

そんなパチンコを通してどんどんのめりこみ、いつか負けを取り返してやろうと思ってもその資金は底をつき、消費者金融に手を出す、いずれ首が回らなくなり・・

前にも書きましたが、パチンコは強靭な精神力が必要な娯楽です。

それを持ち合わせていないなら、正直やらない方がよいでしょう。

もっと楽しい事はあります

遊技人口が減っている理由は、パチンコより楽しいことが増えてきたことだと説明しました。その背景にあるのがスマートフォンで切っても切れない存在です。

パチンコアプリ

正直スマホの普及によりゲーム業界が大きく変わり、その影響はパチンコにまで及びました。

パチンコがスマホでできてしまうんです。

そりゃあ、暇つぶしでパチンコをしていた層はスマホアプリで十分代用可能ですよね。

わざわざパチンコ店に行きませんので遊技人口は減って当然です。

逆に言えばあなたもアプリで完結してしまうかもしれませんよ?

恋愛

恋愛環境も大きく変わりましたよね。

自宅電話の電話番号をなんとか聞き出しいざ掛けたらお父さんが出て・・みたいな時代から、今はスマホ一つで全くの他人と出会うことができてしまう時代・・恐ろしい。

これで出会う人も増え、巷はカップルだらけ、不謹慎な表現かもしれませんが、出会いのハードルはめちゃくちゃ下がったのではないでしょうか。

あなたも気軽に始めてみてはいかがですか?(相手がいないこと前提で話してます、スイマセン)

副業

副業もスマホ一つで始められる時代ですね。

小遣いを増やしたい人なら副業を始めた方が楽かもしれませんね。

ちなみに僕も絶賛副業中です。

まだまだ全然結果が出ていないので偉そうなこと言えませんが、来るべき時が来たら共有していきたいと思います。

以上で今回の内容は終わります。今回の記事を読んである程度パチンコの基本的な向き合い方が分かった方は大丈夫ですが、もし何言ってるのかわからない、なんて人がいたらこちらの記事も読んでみて下さい。

パチンコを誤解している人に向けた、僕の13000文字の記事です。

少しでも誤解が解けて、正しい方向性を示すことができれば幸いです。