パチンコ

超重要!初心者がパチンコで損をしない打ち方【現役パチ屋店長が解説】

こんにちは脱パチ店長です。

パチンコをこれから始めようとする方や初めて間もない方の声によくあるのがこの3つです。

・パチンコってルールを知らないと損することってあるの?

・パチンコ初心者は何を勉強したらいいんだろう

・パチンコで上手く立ち回る方法を知りたい

パチンコって自分のお金を使う遊びなので、少しでも損をしたくないと思うのは当然ですよね。

でも基本的なことを理解していないと不安になるのも当然ですよね。

この記事では次の3点にポイントを置いて解説していきたいと思います。

読み終わったころには間違いなく不安は払しょくされています。

①結論、パチンコの基本を知らないと損をします!

②パチンコの基本を知ろう

③パチンコのテクニックを磨くには?

その前に自己紹介しておきますね。

・パチンコ店に勤めて約20年

・その内約10年はホール業務をメインに、その後約10年は店長業務をメインに

・店長時代は月商5億~10億円の店舗を数店舗任されました

・年収は多い時で1000万円ほどでしょうか

それでは早速掘り下げていきましょう

①結論、パチンコの基本を知らないと損をします!

物理の世界だからこその損

スロットと違ってパチンコは物理の世界です。

要は、どこまで行ってもパチンコ玉が釘にあたりどう転がっていくかが最重要ポイントなんです。

どんなに知識やテクニックがあっても、スタートチャッカーに玉が入らなければ一生勝てませんし、知識やテクニックが無くてもスタートチャッカーに玉が入りさえすれば簡単に勝てるかもしれません。

つまり、釘を見ることができるかできないかであなたの損益分岐点は全く異なります。

もしかしたら、その台に座った時点で理論上の負けが確定しているかもしれません。

遊技機の大当りフローの損

大当りフローというのは、その遊技機が通常状態からどのような展開で大当りし、その後どのような流れで通常状態に戻るのかといった一連の流れの部分です。

要するに遊技機の知識の部分です。

知識が無いと当たる状態にあるのを見逃して遊技終了なんてこともあり得ます。

右打ちが必要な場面で通常打ちをしていた時点で損失です。

つまり最低限のその機種の大当たりフローを知っていないと無駄が生じるということですね。

めちゃくちゃお酒が好きな人が飲み放題プランを選択しなかった時点で損失ですよね。

むしろ飲み放題プランの存在を知っていたのかいないのか。

要するに、知っているということは最低限のリスク管理と言えます。

塵も積もれば山となる

これまでに挙げた部分は、一日単位で見ればもしかしたら数千円の損失かも知れません。

でもそれが一か月となったらどうでしょう。一年だったらどうでしょう。一生だったらどうですか?

シャレになりませんよね。

目先の収支にこだわりすぎて長期的な視点を見失った時点でシミュレートできませんので大きな損失につながるかもしれません。

②パチンコの基本を知ろう

ここでは、遊技台の基本として通常状態から大当り、確変中といった一番おいしいフローまでどんなものなのかを解説していきます。

通常遊技中

通常遊技中は、いかにデジタルを回すか=スタートチャッカー(通称:ヘソ)に玉を入れるかが全てです。

それ以外は何も考えなくてもいい!と言っても過言ではありません。

物理の世界なので、例えば連続で玉がヘソに入ることもあるでしょう。

その状況を想定したのが保留機能です。

ただ多くの台で玉の保留は4つまでなので、つまりデジタル変動中、5つ以上スタートチャッカーに玉が入っても無効となり、無駄玉となります。

保留が2つ~3つで玉の打ち出しを止めると無駄玉を最小限に抑えられますので重要です。

大当り中

大当り中は大入賞口(通称:アタッカー)を狙って玉を打ち出します。

最近は右打ちでそれを狙う台が主流ですよね。

大当り中も、ただただアタッカーを狙って打てばいいのですが注意点は2つあります。

①V入賞を逃さない

②アタッカー開閉のタイミング

①はV入賞確変機と言われる台で、大当り中にV入賞させなければ当りの権利を失ってしまうというものです。

不通に遊技していれば勝手にV入賞するイメージですが、ちょっとよそ見して、とか、トイレ行ってた・・なんてことが無いように注意しましょう。

②に関してはテクニックが必要です。

1回の大当りは、決められた(入賞個数=1ラウンド)×総ラウンド、となっています。

1ラウンドで9カウント入賞の場合、9個入賞したら一度アタッカーが閉じて次のラウンドが始まったらまたアタッカーが開きます。

その開閉のタイミングに玉の打ち出しを止めることで、無駄玉を減らすと言う考え方です。

少し難しいですがチリツモ戦略ですよ。

確率変動中

確変中は、大当り中同様に右打ちを継続する場合がほとんどですよね。

どこを狙って打つかは、液晶内に表示されているはずですので見ておきましょう。

確変中は、電動チューリップ(通称:電チュー)と言われる役物を狙います。

ここに入ると通常中同様にデジタルが回転しますが、大当り確率は通常時より格段に甘くなっているため、「確率変動」と言われます。

確変中も電チュー開閉のタイミングがありますので、打ち出しを止めることで無駄玉を減らすことが可能です。

③パチンコのテクニックを磨くには?

努力すること

何事も努力は重要です。

細かなことも書いてきましたが、それも一朝一夕には身に付きません。

地道な努力があってこそ身に付くものです。

負けてください!とは言いませんが、勝ってばかりではそういう細かなテクニックの必要性に気付かないかもしれませんし、負けたときにその重要性に気付くわけです。

勝ち負けを繰り返して自然と備わってくる技術ですので、めげずにがんばりましょう。

テクニックよりも重要なこと

実はテクニックを磨く以前にもっと重要なことがあります。

それはお店のおすすめ情報を把握するということです。

お店では、おすすめ機種もあれば、利益回収が目的の機種もあります。

どんなにテクニックを磨いても、利益機種を選んでいては元も子もありません。

焼肉屋さんでも、原価率の高いもので集客して原価率の低いもので利益を回収します。

その原理を分かっていないと枝豆ばかり食べることになってしまいます。

パチンコにおいても原価率で表現するのは便宜上難しいですが、いわゆる利益率の低い機種と高い機種があります。

前者を選択するということが大事なんです。

店長の考え方を知る

利益率というのは機種によって様々だというのはご説明しました。

ではそれを誰が決めているのでしょう。

多くの店舗で店長が決めています。

店長の考えを知るというのは、利益率の低い機種が分かるということにつながる可能性があるので、実は小手先のテクニックを磨くよりも、めちゃくちゃ勝利を近づける技術だったりします。

④まとめ

最低限の知識は必要です

パチンコを始めるにあたって、最低限の知識は必要です。

もちろんパチンコをどんな目的で始めるのかによって知識の必要度合いは変わってきます。

収入を増やしたい人

こういう人はしっかり勉強して、最低限の知識を蓄える必要があります。

塵も積もれば・・と書きましたが、けっこうここが本質だったりします。

1玉を軽く見る人はそもそも収入を増やしたいという人には向いていないかもしれません。

暇つぶしな人

暇つぶし目的でパチンコを打つ人はそこまで深い知識は必要ありませんが、遊技ルールやお店のルールなどは把握していないといけません。

やってはいけないことをやってしまったり、やってもいいことをやらなかったりと、ただの暇つぶしのつもりが、変なストレスを感じることにもつながりかねません。

ということで、どんな人でも最低限の知識が必要ですのでお気を付けください。

運だけで勝負するならやめた方が良い

パチンコの目的、と書きましたが、運だけで勝負するのはおすすめできません。

パチンコをギャンブルと捉えている人は、長い目線で考えたときに99%負けてしまうでしょう。

なぜなら、パチンコ店も営利目的で運用している企業なので顧客の負け額で成り立っているからです。

一発勝負ならわかりませんが、それだけで終わらないのがパチンコの恐ろしいところです。

一度の勝利にはまってしまい、結果的に負け額がかさんでいた、なんてことはよくある話です。

楽してお金を稼ぐ、は存在しない

運に身を任せて、楽して収入を得たい、と思ってしまうのがパチンコの射幸性の部分で、行政からも監視されている部分ですね。

そう考えてしまう人がギャンブル依存症などと呼ばれ、多額の借金を背負い、沼から抜け出せなくなっているのです。

このような例からも分かる通り、楽してお金を稼ぐなんてものは存在しません。

しっかり勉強をして、知識を蓄え、その店の店長の考えを学び、テクニックを磨くことで初めて勝利を近づけることができるのです。

以上で今回の内容は終わります。今回の記事を読んである程度パチンコの基本的な向き合い方が分かった方は大丈夫ですが、もし何言ってるのかわからない、なんて人がいたらこちらの記事も読んでみて下さい。

パチンコを誤解している人に向けた、僕の13000文字の記事です。

少しでも誤解が解けて、正しい方向性を示すことができれば幸いです。