立ち回り術

〇〇で判断する人は、残念ながらパチンコへたくそです。

はい、どうも脱パチ店長です。

 

今日はですね、○○で判断、パチンコへたくそ、ということでお話していこうと思います。

 

ということでいきなり上からですいません。

パチ屋の店長をしていると、どうしてこの機種打たないんだろう、ていうモヤモヤした気持ちがめちゃくちゃあるんですよね。

これは要するに、お店の意図と顧客の立ち回りが噛み合ってないパターンなんですよね。

逆に言えば、この部分、つまりお店の意図を理解すればめちゃくちゃ簡単なのに、〇〇で判断して、損をしている人が後を絶ちません。

画像1

ということで今回は、多くの人が〇〇で判断している、その〇〇とはなんのかについてお話をしていきます。

〇〇で判断することがどうしてだめなのか、その理由について解説をしつつ、ではどういう判断をすればいいのか、この辺りについてもお話をしていきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

誰も教えてくれない唯一正しいパチンコの勝ち方 こんにちは。 パチンコをしないパチンコ店店長こと脱パチ店長です。 パチンコやスロットを打たれる方は様...

パチンコがへたくそな〇〇な判断とは?

ということでまずは結論からお話ししたいと思います。

〇〇で判断はパチンコへたくそ、その〇〇とはこちらです。

はい、「見た目」です。

 

見た目っていう言葉はわかっても、これだけではよくわからないと思うので解説します。

見た目とはどういうことなのかですが、これは3点あります。

①筐体
②客付き
③データ表示、出玉状況

ということで、順番に見ていきましょう。

 

①筐体

まず1点目の筐体ですが、これは京楽さんに始まって、サンセイさんや藤商事さん、サミーさんなどなど、今ではメーカーが次々に展開している、いわゆるおもちゃ筐体ですね。

みなさんわかりますよね、前に上に、いろんな飾りが飛び出て無駄にお金かけてるアレです。

 

あんなもの正直店側の人間からしたら迷惑で仕方ないんですが、一般顧客は心踊らされたりするんですよね。

なんかすごそうとか、玉出そうとか、思わない人もいるかもしれませんが、ベーシックな筐体と比べてしまうと、どうしても一定の付加価値は生んでしまっているようです。

ベーシックな筐体と、おもちゃ筐体が並んでいたら、何も考えていないと、おもちゃ筐体に座ってしまう人も少なくないのではないでしょうか。

こういう人は見た目だけで判断しており、パチンコへたくそです。

 

②客付き

次に2点目の客付きです。

まず、飲食店の行列を思い出していただきたいんですが、その行列を見た時点で気になりますよね。なんなら並んじゃったりしませんか?

あれっていわゆる行列が行列を生む現象なんですよね。

並んだはいいものの、この時点では味はわかっていませんし、本当においしいのか、だったり、自分の舌に合うのかどうかなんてわかってないんですよね。

 

つまり、単なる衝動的な行動に過ぎません。

たまたまそこを通り、たまたまそちらに視線を向けたら行列があった、というもので、偶然の結果ということです。

一言で言うと、目的がない行動、ということです。

 

パチンコ店に置き換えたときに、空き台が残り1台、なんて時にどうしますか?思わず座ってしまうなら、パチンコへたくそです。

 

③データ表示、出玉状況

次に3点目のデータ表示、出玉状況です。

これは、遊技台の上のデータ表示器だったり、最近ではスマホでサイト上の情報を簡単に見れたりしますが、いわゆる大当たり回数とか、スランプグラフです。

あとは、積まれたドル箱もそうですね。

 

この辺りも、ザ見た目、なんですが、大当たり回数も、積まれたドル箱も、そこに至る経緯ってわからないですよね?

それまでにいくらお金を使ったのかは、そういったものを見ただけではわかりません。

スランプグラフもそうです。玉数のINとOUTはわかりますが、お金をいくら使って何回転したのかはわからないですよね。

 

出てないからこのあと出るとか、グラフが下がった後少し上向いてるから連チャンするとか、要するに射幸心をそそられてしまっている人がたくさんいます。

この辺りはすべて店側が用意したものであって、店側が意図的に作り出したものです。

このように、店側にコントロールされて踊らされている人は完全にパチンコへたくそです。

 

見た目で判断する人がダメな理由

ではどうして、今回ご紹介した、見た目で判断する人がだめなのか、というお話ですが、重要な部分なので深堀していきます。

 

まず、そもそもパチンコの本質を理解していないということが言えます。

本質というのは、パチンコで勝つために必要なこと、とも言えます。

 

最初にご紹介した筐体も、はっきり言ってあなたの勝率にはなんの影響もありません

めちゃくちゃ派手なおもちゃ筐体だろうが、チープでベーシックな筐体だろうが、大当たり確率が同じであれば、大当たりを引き当てる確率は同じです。

 

2番目にご紹介した客付きについても、同じことが言えます。

もちろん行列ができたラーメン店は人気がある証拠です。

でもそれは味の話であって、値段はわかりません。

1万円するけど、めちゃくちゃおいしくて貴重だからという、それだけの理由で、富裕層が並んでるだけかもしれません。

パチンコも同じで、客付きがいいからといって、必ずしも勝ちやすい台とは限りません。客付きと勝率は比例しない、ということです。

画像2

3番目の出玉に関しても、やはり重要なのは投資額で、そもそもパチンコにおいて一番考えなければいけないのは、その台が千円当たりで何回転するのか、つまり投資効率というものが勝率に影響を与えるわけです。

10万円分玉が出ても12万円お金を使っていたら赤字ですし、仮に1回転で必ず1万発出る台があっても、1回転させるのに2万発必要であれば元が取れません。

この、投資金額を減らして、いかに回収金額を上げるか、というがパチンコの本質です。

 

見た目というのは、簡単に言うと単なる広告宣伝、と考えるのが妥当ではないでしょうか。

つまり、見た目は関係ない、見た目は勝率になんの影響もないので、無視してOKです。

むしろ見た目は無視しないと、余計な情報に惑わされるので危険です。

 

へっぽこ筐体だろうが、稼働率40%の機種だろうが、大当たり回数0回だろうが100回の台だろうが、なんの関係もありません。

逆に、こういう機種の方が、お店が推している場合もあるぐらいです。

 

どうすればいいのか

ではどうすればいいのか、というお話ですが、

はい、海シリーズです。

 

どうして海なのか?ですが、これに関しては大手パチンコユーチューバーさんも言及してます。

 

まず顧客母数が多いです。

顧客母数が多いので、台数も多いはずです。

こういう機種は、パチンコ店にとって重要な日中稼働を支える柱になります。

 

パチンコを長く打たれている方なら当然お気づきですが、海って機種寿命がめちゃくちゃ長いんですよね。

検定期間といういわゆる機種寿命は3年なんですが、大半が3年持たず消えていく中で、海はけっこう残ります。

つまりお店にとっては同じ機械代をかけるなら、当然海の方が投資効率が高くて良台なんですよね。

総じて海はほとんどのお店が大事に使っている、ということです。つまり利益率が低い、ということです。

画像3

ただこんな海も、若年層は敬遠しがちです。

なぜか?って話ですが、

はい、結局見た目で判断しているからです。

 

毎回同じ色違いなだけの筐体とか、稼働率は50%程度で人気なのかどうなのかもよくわからず、それに比例して、大当たり回数も出玉も大したことない、みたいな。

あげくのはてに、演出も単調でつまらないときたら、打ちづらくなるのは自然なことかもしれません。

 

ただ、一番勝ちやすいのは海だということを、今回の内容で覚えておいてください。

ちなみにガチプロは海で立ち回ることも多いです。

まあ液晶見ずに、ずっとスマホの画面を見てますが、パチンコってこういうもんです。

 

いろいろお話してきましたが、もちろん例外もあるのでご注意ください。

気になるし聞きたい、などありましたら、遠慮なく個別にご連絡ください。公式LINEいつでもご対応させえtいただきます。

誰も教えてくれない唯一正しいパチンコの勝ち方 こんにちは。 パチンコをしないパチンコ店店長こと脱パチ店長です。 パチンコやスロットを打たれる方は様...

 

僕のYouTubeチャンネル「脱パチ店長の暴露チャンネル」では、今回の内容を動画で詳しく解説しております。

ご不明な点などありましたらあわせてそちらもチェックしてみてください。

ちなみに情報はYouTubeの方が早いので、最速でチェックしたい方はチャンネル登録も忘れすにお願いしますね。

【ちょっと待った】本当にそれで大丈夫?〇〇で判断するという人、超絶パチンコへたくそです♪【悲報】

 

ということで今回の内容は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。