釘攻略

意外と知らない!パチンコ店釘調整の裏事情

はい、どうも脱パチ店長です。

今日はですね、意外と知らないパチンコ店、釘調整の裏事情、というお話をしていきたいと思います。

みなさんパチンコと言えば釘、というのはわかる人はわかるでしょうし、あまりパチンコをやったことが無い方でもイメージできる部分だと思います。

釘調整次第では、投資金額だったり回収金額が変わったりします。だからこそ、苦手意識を持たれている方も多いのではないでしょうか。

ということで今回は、特に釘読みが苦手の方に向けた内容になっております。

パチンコ店の釘調整にかかわる前提部分のお話で、実際にどうやって調整内容を決めてそれを実行しているのか、この辺りがわかりますので、もしかしたらあなたの釘読みへの考え方が変わるかもしれません。

ぜひ最後までお付き合いください。

釘調整の前提の前提

まずは釘調整の前提の前提ですね。ここについてお話をします。

そもそも釘調整は当たり前にやっていると思われているかもしれませんが、勝手に釘角度を変更する行為は違法なんですね。角度を変更する時は、警察の事前承認が必要で、これを守らなければ営業停止処分もぜんぜんあり得ます。

つまり、例えばイベントの前後でヘソ釘ががばっとあいたりしまったりする光景っていうは、当然そんな短時間で警察の承認を受けることはできませんので、本来ありえない光景なんですよね。

この部分は、もしかしたらご存知ない方もいるかもしれませんの予めお伝えさせて頂きます。

 

―――――釘調整を行なう理由

それでも行われる釘調整なんですが、どうして行うの?って話ですよね。

なぜ釘調整が必要なのか?ですが、これは大きく3点あります。

❶スタート提供値のコントロールをする
❷通常中、特賞中の出玉率をコントロールする
❸大当り中の出玉をコントロールする

この3点です。

これだけではいまいちわからないかもしれませんが、この3点をコントロールすると何が変わるのか、それがこれです。

投資金額と回収金額

これは冒頭でもお話した部分ですが、例えばスタートを下げると投資金額が増えます。

出玉率や出玉を減らすと回収金額が減るんですよね。

つまりパチンコ店の利益が増える、ということですよね。逆ならパチンコ店の利益が減る、ということです。

はい、ということでここまでは前提のお話です。

釘調整内容の決め方

実はここからが本題だったりします。どうやって調整内容を決めるのか、というお話です。ポイントは2つあります。

①判断基準
②調整範囲

1つずつ解説していきますね。

①判断基準

基準と言うのは、あけるのか、しめるのか、その分岐になる部分の事です。その基準になる指標は3つあって、

(A)稼働‥まあ稼働が低い台を上げたい、という判断です。

(B)利益‥これは利益の取れ具合に応じて、みたいな感じですね。一定の期間で利益が取れ過ぎていればアケる、逆ならシメる、って感じです。

(C)調整割数‥目標割数にあわせてこの調整割数という指標で判断します。調整割数と言うのは、業界ではスペック割数とか釘割数なんて呼ばれたりします。要は、今この調整だとこれぐらいの割数になりますよ、というような、いわゆるシミュレーション上の指標ですね。例えばAの機種の今の調整割数が9割だったとして、翌日の目標割数が9.5割だとしたら、ヘソを1枚アケておこう、みたいな判断になるわけです。

ということで、店長は毎日この3点を複合的に見て判断するのが基本だと思います。

 

②調整範囲

範囲というのは台や機種、島などの区画単位という意味の範囲です。

(A)台毎に調整‥これは新台導入時に多いやり方ですね。新台1台1台個別に調整していくやり方です。

(B)機種ごとに調整‥これは稼働中堅機種に多いやり方です。新台としての需要も落ちて、個別調整も済んだところで、その後の調整はヘソ釘のみで、且つ機種単位で行うパターンです。

(C)島毎に調整‥これはバラエティ島とか1円パチンコなんかで使われる方法です。当然1台1台は見ておらず、機種は違えども島毎まるっとまとめて
ヘソのみであけしめする方法ですね。

以上が調整範囲という考え方ですが、ポイントはヘソのサイズを統一するかどうかです。

ヘソ釘のピッチ(サイズ)は、統一すると、それ以外の道釘や風車上などのヘソ以外の釘がバラバラになりますし、統一しないと、当然それ以外は統一されることになります。

見た目はヘソ釘統一パターンの方がきれいですし、おそらくほとんどの法人、店舗はこのヘソ釘統一パターンで調整していると思います。

まあなぜかというと後々のアケシメの管理が楽なんですよね。言い換えればそれだけなんですけどね。

店長の心理とそこから生まれる行動

ここで、店長の心理とそこから生まれる行動を考えておきたいんですが、まず、判断基準である、稼働、利益、調整割数を毎日見れないんですよね。

これってめちゃくちゃ大変なんですよ。だいたい調整割数を見て判断してしまうっていう感じです。まーこれがありがちなパターンですね。

で2点目でお話した、調整の範囲に関しても、正直毎日全台、台毎に見るのはめちゃくちゃ大変ですし現実的ではないんですよね。

なのでだいたい機種ごとに判断して、ヘソのアケシメに終わるパターンがほとんどです。

つまり、新台導入時こそ慎重に調整しているんですが、稼働が落ちてくればくるほど、だんだん雑な管理になっていくということです。

こんな行動を繰り返していると、だんだん店長の意図と結果がずれてくるんですよね。

店長の行動による結果

そうなると何が起こるのか、ですが、先ほどもお伝えしたとおり、元々新台導入時ってのは台毎に調整していましたよね。

それが機種ごとの調整に変わって、機種ごとの数値、つまり機種の平均値しか見なくなるんですよ。そうなると、台毎に数値がバラバラでも気づかないんですね。

店長は、機種平均値が意図通りならOKって判断をしてしまいます。

つまりヘソ釘が同じでも、台毎に見ればスタートがバラバラ、なんてことが起こります。いい加減な店長ほどひどくて、手を抜いて機種平均値しか見ないのでぜんぜん起こりうる事案ですね。

同じ機種なのに、千円スタートで2回の差が開く、なんてこともふつうに起こります。

まとめ

ということで、お伝えしたいことをまとめておきます。

皆さんでも分かる判断基準は、利益取れ過ぎの場合はアケ調整の可能性があるということ。

次に、皆さんでも分かる調整範囲として、稼働中堅機種は千円スタートで2回ぐらい開いている可能性があるということ。

これはヘソ釘が同じでも中身はバラバラの可能性があるということですね。いい加減な店長ほどふつうにあり得る状態なので、よく店長を観察してみてください。

要は、稼働中堅機種であり期間で利益が散れ過ぎている台っていうのは、意外とスタートが回っておいしい台かもしれませんよってお話です。

釘読みと考えると難しく聞こえますが、こんな切り口で釘をとらえることも、勝率を変える重要な要素だと思います。ぜひ気楽に立ち回ってみてください。

しっかり釘読みをしたい方

それでもやっぱり釘読みの能力はつけた方が良いですし、能力を身につけたいという方もいらっしゃると思います。ではそのためにはどうすればいいのか?ですが答えは1つです。

はい「慣れる」です。

正直これ以外ありません。

店長である僕も、毎日釘に触れることで体に染みつきました。なのでみなさんも同じように釘に慣れていくしかありません。

とは言っても釘なんて触れないし…と思っていませんか?
今の時代いくらでも対応できます。

僕がおすすめする方法は発泡スチロールや段ボールに釘を打って、実際に釘の幅を測って自分の目で見てみる、という方法です。ただ釘や釘幅を測る板ゲージという道具は店長が使っているものと同じにした方が良いと思います。

実際に行う方法はこうです。

①発泡スチロールに1本釘を打つ
②釘の出幅は18㍉
③板ゲージを使い11.25㍉間隔を空けたところにもう1本釘を打つ
④打った2本の釘の手前(頭の部分)に板ゲージを当てて計測
⑤11.50~12.50の釘幅のサンプルを作って感覚をマスターする

これでOKです。11.50~12.50㍉というのは、実際に営業でよく使われるヘソ釘の幅なので、これさえ身につけてしまえば、毎日ヘソがアケられたのか、シメられたのか、それが何枚なのかが簡単に分かるようになります。

ぜひ練習してみてください。

店長が使っている板ゲージはこちらでOKです。

釘はこれです。

少しコストは発生しますが、確実に釘読みの能力をマスターするなら避けては通れないと思います。

もし、ご不明な点などありましたら、公式LINEでお気軽にご連絡ください。

 

僕のYouTubeチャンネル「脱パチ店長」では、今回の内容を動画で詳しく解説しております。ご不明な点などありましたらあわせてそちらもチェックしてみてください。

【2021最新】パチンコ店の釘調整裏事情!驚愕の事実!包み隠さず暴露します!【現役店長解説】

 

ということで今回の内容は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

誰も教えてくれない唯一正しいパチンコの勝ち方 こんにちは。 パチンコをしないパチンコ店店長こと脱パチ店長です。 パチンコやスロットを打たれる方は様...