パチンコ

正しいパチンコ店の選び方3選【現役パチ屋店長が解説】

こんにちは脱パチ店長です。

パチンコを打つにしても日本全国、どこの店に行けばいいのか分かりませんよね。

・パチンコ打ちたいけどどこのお店がいいんだろう?

・とりあえず近くのお店が便利だからそれでよくない?

・流行ってるお店行っとけばいいのかな?

そんな疑問にお答えします。

この記事はこんな内容で書いています。

①ダメなパチンコ店の選び方

②なぜパチンコ店選びが重要なのか

③正しいパチンコ店の選び方

ちなみに僕は

・パチンコ店勤続約20年

・その内店長歴10年

・10店舗ほどの大小さまざまなお店を歴任、売上は月間5億~10億までいろいろ

本文作成それでは一つ一つ掘り下げていきましょう

①ダメなパチンコ店の選び方

家が近いから

多分ほとんどの理由はこれではないでしょうか。

家から近いお店を選ぶのは正直仕方ありません。

でもダメなのは近いという理由だけで選ぶパターンです。

なぜダメなのかと言うと、勝てるお店、勝てないお店が存在するからです。

家から近いという理由で勝てないお店を選択していると何のためにパチンコを打っているか分かりません。

家から近いお店と一言に言っても、必ずしも1店舗とは限りませんよね。

つまり複数あるお店の中から選んでいるか?というのが論点です。

この後その辺り深堀りしていきますね。

よく名前を聞くから

よく名前を聞くから、というのも正直人間の感性を刺激する、ある意味仕方のない行動です。

いわゆる流行り廃りに左右されるミーハータイプですね。

流行っている=勝率が高い、とも言えなくもないですが、正直それは分かりません。

重要なのはその流行っている期間です。

例えばブランド品で解説します。

ビトンやエルメスと言ったブランド品は一時的な流行でここまで来たわけではありません。

この夏はこれが流行る!とか20代で大流行!と言ったものは、時期が過ぎれば時代遅れとなります。

パチンコ店も同じで一時的な流行に流されるパターンは危険です。

友達に誘われたから

もはやパチンコ店を選んでいません。

友達=知り合いに誘われたという理由でパチンコを打つパターンもかなり危険です。

正直勝ち負けをその友達に依存していると言っても過言ではありません。

友達が百戦錬磨のパチンカーであれば話は別ですが、勝つか負けるか分からないそのステージをなんの実力も分からない友達に選ばせるというのはだいぶリスキーですよね。

プロポーズする場所って友達が決めますか?

就職先を悩んだ結果、友達に決めてもらう、なんてことありませんよね。

つまりそういうことです。

パチンコも一戦一戦勝負です。

その場所は自分で決めるべきです。

②なぜパチンコ店選びが重要なのか

次に、なぜパチンコ店選びが重要なのか、具体的に解説していきます。

快適性が異なる

快適性というのは正直個人差がありますが、よくあるのは古いお店と新しいお店ですね。

古いお店というのは、それはそれで古臭い人情味あふれる雰囲気が好きという人もいますが、新しいお店に慣れてしまうとそうも言ってられません。

具体的にはこれぐらいの差があります。

古いお店

①箱下ろし時、出玉交換時はスタッフを呼んで対応してもらう

②拡台のデータ表示機ではスランプグラフが見れない

③空調の効きが悪いしたばこ臭い

新しいお店

①箱下ろし時、出玉交換時はスタッフを呼ばずに拡台の計数機で対応

②拡台のデータ表示機でスランプグラフはおろか、引き戻し率や他の遊技台データも見れる

③春夏秋冬一年通して快適で空気清浄機の機能がすばらしく全くたばこ臭くない

 

古いお店、新しいお店で対比できるように書きましたがいかがでしょうか。

記載のように、快適性は全く異なり、圧倒的に新しいお店の方が勝っています。

単純に新しいお店と古いお店の比較だけでもこれだけの違いがあります。

ベースとなる利益率が異なる

少々難しい内容ですが、お店の売上に対して利益をどれぐらい取るのか、を示すのが利益率です。

利益率の考え方はめちゃくちゃ重要です。

利益率の裏返しは原価率、とも言えますが、お店単位だけでなく、商品ごとにも反映されたりしますよね。

例えば、居酒屋さん。

原価率が低いものの一つに生ビールが挙げられます。

逆に原価率が高いものの一つに、“本日のおすすめ”みたいな賞品が挙げられます。

というように、お店の中だけでも原価率の高い、低い=利益率の低い、高い、が存在します。

これを店単位に置き換えたものが、実は存在する、というお話です。

利益率の高いお店、利益率の低いお店、というように、力を入れるお店の利益率を下げ、力を入れていないお店の利益率を上げる、という具合です。

この部分を知っているかいないかはお店選びの重要なポイントと言えます。

勝敗の半分が決まる

ここまで書いてきた中で、勝敗の半分が決まったと言っても過言ではありません。

つまり、お店を選ぶということは、遊技台を選ぶ以上に重要な要素だということです。

あなたはパチンコを打つ前に遊技台を選んでいませんか?

という問いに対して、適当に選んでいる、という人は少数派であると思います。

多くの方々が必死に遊技台の良し悪しを判別して大事なお金を投じているのです。

でもそもそもお店の選択は正しいのでしょうか。

もしかしたらそのお店を選んだ時点で負けが確定しているかもしれません。

③正しいパチンコ店の選び方

ここからは実際に優秀なパチンコ店を選ぶ基準について紹介をしていきます。

稼働率を見る

稼働率というのは、稼働数÷設置台数で求めます。

ざっくり客付きのイメージで構いません。

この稼働率というのは、顧客の信頼度そのもので、稼働率が高いほどそのお店は信頼度が高いと判断して問題ありません。

ただ、ここで注意したいのが、この稼働率というのは、同時に数店舗確認することができない、という点です。

グループを組んで、手分けをして複数の店舗の稼働率を調べられるなら話は別ですが、多くの人はそんなことは不可能です。

ただ、一つの目安として、平日15時で稼働率50%を超えているお店は優良店と判断して問題ありません。

接客、清潔感を見る

え?それ関係あるの?と、ほとんどの方が思うでしょうが、実はめちゃくちゃ関係あるんです。

なぜかというと、接客が行き届いている、身だしなみや店内環境に清潔感があるというのは、言い換えれば店長のマネジメント力がすばらしい、と言えます。

マネジメント力がすばらしい、というのは、管理能力に長けていることの表れで、それは利益管理面でも当然同じことが言えます。

ずさんな管理はしていないでしょうし、過度な利益回収も基本的には無いと考えて間違いありません。

全てが計画的に遂行され、無理のない営業が展開されているはずです。

という意味で、お店の見た目というのは、実はめちゃくちゃ重要なんです。

月間イベント回数を見る

簡潔に言いますと、これも店長の人間性が表に出る部分で、イベント回数が多いお店は店長がちゃらい、少ないお店はちゃらくない、と言えます。

これも明確な根拠があります。

いわゆるイベントというのは、最低限信頼性が求められます。

同じ出玉力で何回もイベントができるなら話は別ですが、基本的にはそうではありません。

月間決められた利益配分を守るため、当然一回のイベントで出せる出玉量も決まってきます。

この回数が多ければ多いほど、一回当たりの出玉量は薄くなり=信頼度も自ずと落ちてきます。

つまり見た目の華やかさを求めてイベントを乱発するようなちゃらい店長は信頼してはいけません、というお話です。

逆に言えば、月に一回とか二回しかイベントをしないお店は信頼が高いので要チェックですね。

④マニアックな補足

マニアックな補足として次の3点を書いておきます。

  1. 通常営業とイベント日の差を見る
  2. 4円Pと1円Pの設置比率を見る
  3. 昼間、夜間の差を見る

ある程度その根拠は想像できるかと思いますが、詳細はまた今度詳しく説明しますね。

以上で今回の内容は終わります。今回の記事を読んである程度パチンコの基本的な向き合い方が分かった方は大丈夫ですが、もし何言ってるのかわからない、なんて人がいたらこちらの記事も読んでみて下さい。

パチンコを誤解している人に向けた、僕の13000文字の記事です。

少しでも誤解が解けて、正しい方向性を示すことができれば幸いです。